翁文コウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「翁文灝」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
翁文灝
翁秘書文灝.jpg
1937年撮影
プロフィール
出生: 1889年7月26日
光緒15年6月29日)
死去: 1971年1月27日(満81歳没)
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 浙江省寧波府鄞県
職業: 地質学者・政治家
各種表記
繁体字 翁文灝
簡体字 翁文灏
拼音 Wēng Wénhào
通用拼音 Wēng Wénhào
注音符号 ㄨㄥ ㄨㄣˊ ㄏㄠˋ
注音二式 Wūng Wénhào
和名表記: おう ぶんこう
発音転記: ウォン ウェンハオ
ラテン字 Weng Wen-hao
英語名 Wong Wen-hao
テンプレートを表示
翁文灝
人物情報
生誕 1889年7月26日
清の旗
死没 1971年1月27日(満81歳没)
中華人民共和国の旗 中国 北京
出身校 震旦学院ルーヴェン・カトリック大学
学問
研究分野 地質学
研究機関 北京大学清華大学
テンプレートを表示

翁 文灝(おう ぶんこう)は、中華民国中華人民共和国地質学者政治家。国際的にも優れた地質学者であり、また、国民政府行政院長(首相)をつとめた人物でもある。咏霓永年。号は君達。なお堂弟(父方の従弟)の翁文波も地質学者・物理学者として著名である。

事績[編集]

地質学者として[編集]

祖父の翁歩雲は朝の内閣中書を務めた人物である。翁文灝は、1902年、13歳で秀才となり、1906年光緒32年)に上海震旦学院フランス語数学等を習得する。1908年(光緒34年)、ヨーロッパに留学し、ベルギールーヴェン・カトリック大学に入学して、地質学(特に岩石学)を専攻した。1912年民国元年)、中国史上初の地質学博士となった。[1][2][3]

帰国後は北京政府で地質学の専門家として各職を歴任し、1921年(民国10年)、丁文江の後任として農商部地質調査所長に就任した。その翌年には、中国地質学会副会長に就任している。1924年(民国13年)、北京大学清華大学教授となった。[4]その後も、国内各地で実地調査を進め、地質学・鉱物学地震学地理学等の様々な分野において多くの論文・著作を発表した。1934年(民国23年)には中国地理学会の初代会長に選出された。さらに、国際地質学会でも副会長を務めたほか、海外の大学からさまざまな栄誉を受賞している。[5][2][3]

国民政府の政治家として[編集]

1932年(民国21年)、蒋介石の招聘を受けた翁文灝は、蒋のために国内鉱物資源分布等について教授する。翁の才識に賛嘆した蒋は、1935年(民国24年)12月、翁を行政院秘書長に起用した。さらに、翁は国際的な交友関係を生かして、欧州各国の経済界首脳と様々な交渉を担当している。[6][2][3]

日中戦争(抗日戦争)期には、翁文灝は国民政府経済部部長に任じられ、さらに資源委員会主任委員、工鉱調整処処長、戦時生産局局長などの実業部門主管を歴任した。翁率いる資源委員会の専門家たちは、中国国内の生産や資源配分等の後方支援で大いに活躍している。1938年に翁は中国国民党に加入し、1945年(民国34年)5月、翁文灝は中国国民党の中央執行委員に選出された。さらに行政院副院長にも任命されている。[7][2][3]

日中戦争終結後の1946年(民国35年)6月に中国石油公司が設立されると、翁文灝が董事長総経理に就任した。1948年(民国37年)5月、蒋介石が総統に選出されると、翁が行政院長に昇格した。なお翁は、中華民国憲法施行(「行憲」)後としては、初代の行政院長である。[8][2][3]

翁文灝は国共内戦下での経済混乱の収拾に努力した。しかしその規模は、もはや翁にも如何ともし難い水準にあった。金円券発行などの様々な施策も空しく、同年11月、混乱収拾を成し得なかった責任を取り、翁は行政院院長を辞任した。同年12月、翁は中国共産党から国民政府における43人の戦犯の1人として指名されている。1949年(民国38年)2月、翁は代理総統李宗仁により総統府秘書長に再起用された。しかし、政務への意欲はもはや無かった。[9][2][3]

晩年[編集]

国民党敗北直前の同年10月、翁文灝はフランスへ去り、後にアメリカへ向かった。しかし1950年冬、毛沢東周恩来の招聘を受けて、翌年3月に帰国している。帰国後は戦犯として罪を問われることもなく、国民政府時代と同様に専門家として優遇された。中国国民党革命委員会(民革)中央常務委員、第2期から第4期の中国人民政治協商会議全国委員会委員等を歴任している。また、地質学界に復帰して研究にも専念した。1971年1月27日、北京で病没。享年83(満81歳)。[10][2][3]

著作[編集]

  • 『中国礦産誌略』農商部地質調査所、1919年
  • 『中国礦法要義』1920年
  • 丁文江共著『鉱政管見』1920年
  • 丁文江共著『中華民国新地図』
  • 『錐指集』地質図書館、1930年
  • 丁文江・曽世英共編『中国分省新図』申報館、1939年
  • 『華北の侵蝕及堆積現象』(和訳:菅野一郎訳、華北産業科学研究所華北農事試場験場、1942年)
  • 『甘粛地震考』
  • 『地震』

他多数。

[編集]

  1. ^ 厳(1996)、49頁。
  2. ^ a b c d e f g 徐主編(2007)、1252頁。
  3. ^ a b c d e f g 劉国銘主編(2005)、1936頁。
  4. ^ 1931年7月に、清華大学校長代理を一時務めている。
  5. ^ 厳(1996)、49-52頁。
  6. ^ 厳(1996)、52-53頁。
  7. ^ 厳(1996)、53-54頁。
  8. ^ 厳(1996)、54-55頁。
  9. ^ 厳(1996)、55-56頁。
  10. ^ 厳(1996)、56-57頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
朱家驊
教育部長
1932年10月 - 1933年4月
次代:
王世杰
先代:
呉鼎昌
(実業部長)
経済部長
1938年1月 - 1946年5月
次代:
王雲五
先代:
張群
行政院長
1948年5月 - 11月
次代:
孫科
先代:
(初代)
美援会主任
1948年6月 - 11月
次代:
孫科
先代:
呉忠信
総統府秘書長
1949年1月 - 6月
次代:
邱昌渭