羽田空港第1ビル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羽田空港第1ビル駅*
ホーム
ホーム
はねだくうこうだい1ビル
- Haneda Airport Terminal 1 -
新整備場 (0.8km)
所在地 東京都大田区羽田空港三丁目3-2
所属事業者 東京モノレール
所属路線 東京モノレール羽田空港線
キロ程 16.9km(モノレール浜松町起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
28,015人/日
-2013年-
開業年月日 1993年平成5年)9月27日
乗換 羽田空港国内線ターミナル駅京浜急行電鉄空港線
備考 * 2004年平成16年)12月1日に羽田空港駅から改称。
改札付近

羽田空港第1ビル駅(はねだくうこうだい1ビルえき)は、東京都大田区羽田空港三丁目3番2号にある東京モノレール羽田空港線である。

駅構造[編集]

1面2線の島式ホームを有する地下駅東京国際空港(羽田空港)国内線第1(西)旅客ターミナルの地下にある。

のりば[編集]

1 東京モノレール羽田空港線 羽田空港国際線ビル流通センター天王洲アイルモノレール浜松町方面
2 東京モノレール羽田空港線 羽田空港第2ビル方面

利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗降人員は28,015人である[1]。 開業以来の一日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度 東京モノレール 出典
1993年 50,387 [2]
1994年 50,436 [3]
1995年 50,361 [4]
1996年 51,164 [5]
1997年 52,074 [6]
1998年 48,485 [7]
1999年 38,298 [8]
2000年 35,953 [9]
2001年 34,244 [10]
2002年 34,268 [11]
2003年 32,978 [12]
2004年 28,742 [13]
2005年 16,778 [14]
2006年 16,770 [15]
2007年 17,197 [16]
2008年 16,636 [17]
2009年 15,589 [18]
2010年 14,575 [19]
2011年 13,139 [20]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)9月27日 - 羽田空港駅として開業。
  • 2000年(平成12年) - 関東の駅百選に、京急の羽田空港駅とまとめて認定される。
  • 2002年(平成14年)4月21日 - ICカードSuica供用開始。
  • 2004年(平成16年)12月1日 - 羽田空港第2旅客ターミナルビル開業による羽田空港第2ビル駅開業に伴い、羽田空港第1ビル駅に改称。

運賃に関する特記事項[編集]

当駅と羽田空港国際線ビル駅間の運賃は通常大人片道190円となっているが、羽田空港に於いて国内線⇔国際線間を相互に乗り継ぐという理由で乗車する場合に限り、その間の運賃が無料となる。乗車する際には、先ず国内線第1ターミナル内に4ヶ所設置されている到着階案内カウンターに於いてパスポートと航空券を提示した上で利用を申し出て「乗継乗車票」を発行して貰い、それを駅の改札口にて提示しなければならない[21]

なお当駅から羽田空港国際線ビル駅までの所要時間は4分となっている[22]

その他特記事項[編集]

  • 羽田空港第2ビル寄りの改札口付近には、東京モノレールの路線風景をイメージした鉄道模型ジオラマが設置されており、ボタンを押すと電車が動く。

隣の駅[編集]

東京モノレール
東京モノレール羽田空港線
空港快速・区間快速
羽田空港国際線ビル駅 - 羽田空港第1ビル駅 - 羽田空港第2ビル駅
普通
新整備場駅 - 羽田空港第1ビル駅 - 羽田空港第2ビル駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]