群馬県庁舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
群馬県庁舎
Gunma Prefectural Government Building
Gunma pref-office 1 cropped.jpg
情報
用途 群馬県行政の中枢施設
設計者 佐藤総合計画
建築主 群馬県
事業主体 群馬県
管理運営 群馬県
構造形式 鉄骨構造鉄骨鉄筋コンクリート構造
建築面積 3,227m²m²
延床面積 83,503m²m²
階数 地上33階、地下3階
高さ 153.80m
竣工 1999年06月01日
所在地 371-8570
群馬県前橋市大手町1-1-1
テンプレートを表示
群馬県庁昭和庁舎
Gunma Prefectural Government Building Showa Government Building
群馬県庁昭和庁舎
情報
旧名称 群馬県庁舎
用途 群馬県行政の中枢施設
建築主 群馬県
事業主体 群馬県
管理運営 群馬県
構造形式 鉄筋コンクリート構造
建築面積 2,125m²m²
延床面積 6,464m²m²
階数 地上3階、地下1階
高さ 16.75m
竣工 1928年
改築 2001年11月
所在地 371-8570
群馬県前橋市大手町1-1-1
テンプレートを表示

群馬県庁舎(ぐんまけんちょうしゃ)は、日本広域自治体である群馬県役所群馬県庁)が入る建物のうち、群馬県知事および行政の中核組織が入る本庁舎である。

概要[編集]

群馬県庁舎は前橋城の跡地にあり、県民広場を中心に、県庁舎、昭和庁舎(旧本庁舎)、警察本部県議会群馬会館(旧公会堂)からなる公共施設の複合体を形成している。

毎年元日に開催される全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)のスタート・ゴール地点・閉会式会場にも設定されているほか、放送を担当するTBSテレビも庁舎内のフロア(2014年現在は庁舎32階の展望台の一部)に放送センターを設けて中継の拠点としている。

昭和庁舎[編集]

昭和庁舎は1928年(昭和3年)に建設され、1999年(平成11年)まで県庁本庁舎として利用されてきた。

2001年には昭和庁舎で第16回国民文化祭開会式が行われ、皇太子徳仁親王が臨場した。

新庁舎[編集]

現在の県庁舎は1999年6月に竣工した超高層ビルで、耐震性や環境への調和に配慮した建物である。設計は佐藤総合計画

33階建てで高さは153メートル[1]都道府県庁舎としては東京都庁舎に次ぐ高さで、県庁舎に限れば日本一である。

31階にはレストランが入居する[2]。32階には無料展望台がある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]