美獣乱舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美獣乱舞
エアロスミススタジオ・アルバム
リリース 1982年8月1日
録音 1981年 - 1982年
ジャンル ハードロック
時間 40分24秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ジャック・ダグラススティーヴン・タイラー、トニー・ボンジョヴィ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 32位(アメリカ)
エアロスミス 年表
グレイテスト・ヒッツ
(1980年)
美獣乱舞
(1982年)
ダン・ウィズ・ミラーズ
(1985年)
テンプレートを表示

美獣乱舞』(原題:Rock in a Hard Place)は、エアロスミス1982年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては7作目。

解説[編集]

1979年のジョー・ペリー脱退に続き、1981年にはブラッド・ウィットフォードもバンドを脱退したため、オリジナル・ギタリスト2人を欠いた状態で制作されたアルバム(ただし、ブラッドは一部パートのみ参加している)。スティーヴン・タイラーは、本作でリード・ギターを担当したジミー・クレスポにエアロスミスらしい演奏を求めたため、ジミーは後年、一部の楽曲は自分でも気に入っているものの、アルバム全体に関しては、自分らしい演奏は聴けないと語っている[1]

本作からの第1弾シングル「ライトニング・ストライクス」は、『ビルボード』誌のメインストリーム・ロック・チャートで21位に達した[2]

ジミー・クレスポとリック・ダフェイは本作に伴うツアーにも参加するが、その後ジミーは脱退を決意する。そして、1984年にはジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードがバンドに復帰することとなった。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はスティーヴン・タイラージミー・クレスポの共作。

  1. ジェイルベイト - Jailbait - 4:38
  2. ライトニング・ストライクス - Lightning Strikes (Richard Supa) - 4:26
  3. ビッチェズ・ブリュー - Bitch's Brew - 4:14
  4. 彷徨えるボリヴィアン - Bolivian Ragamuffin - 3:32
  5. クライ・ミー・ア・リヴァー - Cry Me a River (Arthur Hamilton) - 4:06
  6. プレリュード (ジョーニーに捧ぐ) - Prelude to Joanie (Steven Tyler) - 1:21
  7. ジョーニーズ・バタフライ - Joanie's Butterfly - 5:35
  8. ロック・イン・ア・ハード・プレイス - Rock in a Hard Place (Cheshire Cat) (S. Tyler, Jimmy Crespo, Jack Douglas) - 4:45
  9. ジグ・イズ・アップ - Jig Is Up - 3:10
  10. プッシュ・カムズ・トゥ・ショウヴ - Push Comes to Shove (S. Tyler) - 4:29

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

脚注[編集]

  1. ^ 『エアロスミス・ファイル』(シンコー・ミュージック、2004年、ISBN 4-401-61877-7)p.101 - 102
  2. ^ Rock in a Hard Place - Aerosmith : Awards : AllMusic