美女と湯けむり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

美女と湯けむり(びじょとゆけむり)は、2003年から2009年まで、旅行専門チャンネル旅チャンネルで放送されていた温泉紀行番組美女と温泉シリーズ」のひとつである。

概要[編集]

旅チャンネルは2003年4月から2009年12月まで、毎回ひとりの女性が各地の温泉を旅する形式の温泉紀行番組「美女と温泉シリーズ」を制作・放送した。

美女と隠れ湯 〜素晴らしきかな秘湯の旅〜
2003年4月 - 2003年9月 - 12本
美女と湯めぐり
2003年10月 - 2006年3月 - 52本
乙女 湯の郷 一人旅
2006年4月 - 2006年9月 - 12本
美女と湯けむり
2006年10月 - 2009年12月 - 78本

いずれも30分番組で、隔週で新作が放映され、その間はリピート放送となる。なお「美女と温泉シリーズ」という名称は放送当時、旅チャンネルの公式サイトで使われていたもので、番組のタイトルには登場しない。

番組の構成・特徴[編集]

番組のフォーマットは4シリーズを通じてほとんど変わらない。若い女性ひとりが旅人として日本の温泉地を訪ね、その土地の観光スポットや名産品、グルメ旅館やその料理などを、紀行番組らしく紹介していく。温泉の入浴シーンになると、イメージを重視したトーンになり、フェイスタオルを手にしただけのオールヌードになった女性が入浴する姿を見せていく(もちろんテレビのコードに即している)が、露天風呂の爽快感や、ライトアップされた夜の浴場の雰囲気など、叙情味あふれる描写がこの番組の大きな魅力となっている。入浴の際、乳首をそのまま映しているため、ほとんどの場合AV女優が旅人として出演している。

登場する温泉は、関東を中心に、静岡新潟福島宮城などからも紹介されている。また「美女と湯めぐり」では熊本の温泉にも取材している。

取材する温泉と宿は基本的に毎回1か所だが「美女と湯めぐり」では1回の番組で2つ以上の宿を訪れたことがしばしばあった。入浴シーンは1本につき基本的に2回登場する。なお「美女と隠れ湯」、「美女と湯めぐり」、「乙女 湯の郷 一人旅」に登場した温泉旅館は、旅チャンネルのサイトで詳細が紹介されていたが、「美女と温泉シリーズ」放送終了後は撤去されている。

女性は2本連続して出演する。浴室以外では、彼女たちのキャラクターに差があるためか[独自研究?]、料理や体験型レジャーなどを、リポーターとして自分の言葉で紹介する女性がいる(中島京子など)一方、単にモデルとして体験して見せ、男性ナレーターがすべて解説していく場合もある。「美女と隠れ湯」では、女性が宿の女将らにインタビューすることもあった。

番組のDVDジェネオンエンタテインメントから発売されている(2009年1月現在で計9巻)。1巻には女性2人で2本ずつの計4本と、特典映像として、未放送場面を含めた入浴シーン集が収録されている。パッケージでは女性たちを「温泉乙女」と紹介しているが、番組ではほとんどの場合「旅人」と呼ばれている。また動画のダウンロード販売も行われている。

出演した旅人[編集]

登場順。原則として番組出演時の名前で記した。

ナレーター[編集]

制作[編集]

関連項目[編集]