羅汝芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

羅 汝芳(ら じょほう、1515年 - 1588年)は代中国の官僚、学者。字は惟德。近溪と号する。泰州学派を代表する人物の一人。

経歴[編集]

江西南城の出身。1553年嘉靖32年)に進士及第、太湖県知県に任じられ、治績を挙げる。刑部主事に抜擢され寧国府知府に進み、雲南屯田副使を経て参政に転任した。

学問[編集]

汝芳は顔鈞の門弟で、思想的に王艮の系譜に連なる。汝芳は王畿の孫弟子として「致良知」を主張するが、言行は道士とほとんど同じだった。楊止庵は「羅汝芳は胡宗正(道教の内丹を研究)に師事し、“焼煉”を語り、“飛昇”の術を唱える。士大夫を見る度に“三十三天”や“箕仙”、“呂純陽”から果ては“南寄書”について説を述べ立てる」と証言し、そのでたらめさを指弾した。王塘南は汝芳が僧の玄覚について仏典も早くから研究していたことを述べ、許孚遠は汝芳の学問が広大に過ぎて不純であり後世に害があると面責したという。しかし、その汝芳の博学は門下の焦竑に引き継がれ大成した。

著作[編集]

  • 『近渓子明道録』8巻
  • 『会語続録』2巻
  • 『識仁編』2巻
  • 『孝経宗旨』

参考文献[編集]

  • 明史』巻283
  • 『明史稿』巻185
  • 『王心斎全集』・弟子表
  • 『雛元標願学集』巻6
  • 『明儒学案』巻33・泰州学案3
  • 小柳司気太『続東洋思想の研究』(森北書店、1943年)