唐・新羅戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羅唐戦争から転送)
移動: 案内検索

唐・新羅戦争(とう・しらぎせんそう)は、670年から676年に行われ新羅の戦争である。韓国ブリタニカ百科事典、韓国民族文化大百科事典、斗山世界大百科事典では「羅唐戦争」と呼ぶ。[1][2][3]。また、韓国では「新・唐戦争」と呼ぶこともある。

解説[編集]

唐と新羅は、同盟を結び、660年百済を、668年高句麗を滅ぼした。しかし、唐は、百済の地に熊津都督府を、高句麗の地には安東都護府を設け、さらに新羅も鶏林州都督府として、新羅の文武王自身も鶏林州大都督とし、朝鮮半島全体を支配しようとした。このため唐と新羅は対立するようになった。文武王は、高句麗遺民の高句麗復興運動を支援した。670年3月、高句麗遺民軍と新羅軍が鴨緑江を渡り唐軍を攻撃し、戦争が始まった。また、新羅は高句麗の安勝を高句麗王にした。

新羅は、百済地域の唐軍も攻撃し82個城を奪い、671年には城を陥落させ、所夫里州を設置して、百済地域を占領した。671年10月、百済に向かっていた薛仁貴が率いる唐の水軍が、黄海で新羅の水軍に敗れた。

一方672年7月、唐軍と靺鞨軍が平壌を占領し、8月には韓始城と馬邑城も占領した。高句麗復興軍と新羅軍は、672年12月に白氷山で唐軍に敗れた。673年には瓠瀘河でも唐軍に敗れ、高句麗復興運動は衰えた。新羅は674年に安勝を百済地域に設けた報徳国の王とした。

674年1月、唐の高宗は文武王の冊封を取り消し、代わりに文武王の弟の金仁問を新羅王に冊封した。文武王は、675年2月に謝罪使を派遣し、元の状態に戻った。

675年9月に新羅軍は、泉城で唐の薛仁貴の軍を破り、買肖城戰鬪でも李謹行の軍を破った。さらに、676年11月、新羅の水軍が錦江河口の伎伐浦海戰で薛仁貴の水軍を破る。唐は、熊津都督府と安東都護府を遼東に移し、朝鮮半島から撤退した。この結果、新羅が朝鮮半島の三国統一をした。新羅は、戦争中も唐との朝貢冊封関係を維持し、唐の年号を使い続けていた[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]