縦ノリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

縦ノリ(たてのり)とは、現代ポピュラー音楽のノリのうち、垂直に体を動かしたくなるノリを表現した言葉

具体例を挙げると、音楽演奏する時や聴く時にを縦に振る、ヘッドバンギング、立っている場で縦に飛び跳ねる、などの態様で感受するノリ。

縦ノリに対して横ノリという言葉もあるが、縦があるなら横という表現も、と生まれた言葉で、もともとは、上記のような感受性を表現した 縦ノリ という表現が最初。横ノリという言葉は、ジャズソウルミュージックR&Bサンバなどの黒人音楽の流れを受けたグルーヴ感のあるノリを指して使う場合が多い。

参照情報[編集]


建築学における「縦ノリ」[編集]

日本建築学会、建築物荷重指針・同解説(2004)4章 積載荷重 4.4.1人の動作に伴う動的効果 に、 「跳躍着地」「エアロビック」「階段昇降」「歩行、小走り」の他に「たてのり」があり、つま先立ち、踵着地、軽い屈伸、つま先立ち、の繰り返しからなる動作、としている。コンサート公演中に演奏されている曲のテンポが約2Hzよりはやくなると観客らがステップ動作から移行するとし、このことから加振振動数範囲は2から3Hzとしている。動作の激しさと履物の種類によるため、荷重の動的成分の体重比には大きなばらつきが生じ、1.0から3.2付近の分布を示すことがわかっている。

多数の観客が縦ノリを行うと振動が起きる。京セラドーム大阪は地盤と構造の問題により周辺地域への振動が問題となった(震度3相当の揺れを感じたとされる)ため、100カ所以上に制振装置を設置、さらに縦ノリを行うアーティストには貸し出さない方針をとっている。また大阪市浪速区のZepp Namba (OSAKA)でも、ライブ中の観客らの縦ノリにより、隣接する機械大手クボタの本社ビル6棟のうち2棟が大きく揺れ、同社が度々苦情を申し入れる事態になっている。Zepp側も観客に自粛を呼びかけているが、解決には至っていない[1]


脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • コンサート公演中の観客の動作により発生する振動に関する考察 実態調査と加振力の同定、日本建築学会大会構造系論文報告集、第434号、1992年 

関連項目[編集]