縞模様のパジャマの少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

縞模様のパジャマの少年』(The Boy in the Striped Pyjamas、アメリカではThe Boy in the Striped Pajamas)は、ジョン・ボインの小説、及びそれを原作とした映画。2006年出版。

日本では2008年に岩波書店より出版(千葉茂樹訳)。


あらすじ[編集]

ブルーノは軍人である父親の仕事の都合でベルリンから遠く見知らぬ土地へ引っ越してきたが、遊び相手もおらず、退屈な日々を過ごしていた。そんな状況に限界を感じ始めたブルーノだったが、家から少し離れた場所に農場のような施設を発見する。大人の目を盗んでその施設へ行くと、そこには縞模様のパジャマを着た少年、シュムエルが地面に座っていた。シュムエルはユダヤ人であり、ドイツ軍によって迫害を受けていた。つまらない生活に退屈を感じていたブルーノと強制収容所で寂しい思いをしていたシュムエルに友情が芽生える。しかしその施設へ行くことは大人達に禁じられており、シュムエルの存在は家族には秘密だった。ある日、軍人の父親がユダヤ人に対して残虐な行為をしていることを見かねたブルーノの母が、父親を置いて子供達と一緒に別所へ移動することを決定する。姉は母の案に概ね賛成だったものの、ブルーノはシュムエルのことが気にかかっていた。ブルーノは引越しの当日、シュムエルの父を探す為、シュムエルのいる強制収容所にシュムエルと同じ縞模様のパジャマを着て紛れ込む。そしてシュムエルとブルーノは誤って他のユダヤ人と共に「シャワー室」に入ってしまう。何も知らない家族はブルーノを懸命に探すのだった。

映画[編集]

縞模様のパジャマの少年
The Boy in the Striped Pyjamas
監督 マーク・ハーマン
脚本 マーク・ハーマン
製作 デヴィッド・ハイマン
製作総指揮 マーク・ハーマン
クリスティーン・ランガン
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ブノワ・ドゥローム
編集 マイケル・エリス
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ウォルト・ディズニー
公開 イギリスの旗 2008年9月12日
アメリカ合衆国の旗 2008年11月7日
日本の旗 2009年8月8日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $12,500,000 ※見積値[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $9,046,156[2]
世界の旗 $40,416,563[2]
テンプレートを表示

概要[編集]

イギリスアメリカ合作で映画化。撮影はハンガリーブダペストで行われた。PG-12指定。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ブルーノ エイサ・バターフィールド 本城雄太郎
シュムール ジャック・スキャンロン 柴井伶太
グレーテル アンバー・ビーティー 庄司宇芽香
デヴィッド・シューリス 大滝寛
ヴェラ・ファーミガ 坪井木の実
祖父 リチャード・ジョンソン 小山武宏
祖母 シーラ・ハンコック 沢田敏子
コトラー中尉 ルパート・フレンド 川田紳司
パヴェル デヴィッド・ヘイマン 伊藤和晃
ジム・ノートン
マリア カーラ・ホーガン

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

原作と映画はホロコーストを背景に描いているが、内容はフィクションである。フィクションではあるが映画版は細部が事実に基づいて正確に製作されており、例えば映画に登場する親衛隊の制服は衣装担当が詳しく調査してデザインしたものである。また本作では設定上、収容所の所長の家族の持っているホロコーストについての知識が少なく、これについて他方から指摘があるが、これもまた事実に沿っており、実際にアウシュビッツ強制収容所の所長であったルドルフ・フェルディナント・ヘスの妻もユダヤ人虐殺の実態を完全に把握していなかった。

コトラー中尉がシュムールとブルーノに怒鳴る場面があるが、中尉が怒鳴ることを二人を演じたエイサとジャックに事前に伝えておらず、自然な反応が撮れたと監督は語っている。

脚注[編集]

  1. ^ The Boy in the Striped Pyjamas (2008) - Box office / business” (英語). IMDb. 2010年10月28日閲覧。
  2. ^ a b The Boy in the Striped Pyjamas (2008)”. Box Office Mojo. 2010年10月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

書籍
映画