練馬区立練馬図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
練馬区立図書館 > 練馬区立練馬図書館
Japanese Map symbol (Library) w.svg 練馬区立練馬図書館
Nerima Library
Nerima Library 2013-02-24.JPG
施設情報
前身 練馬公民館図書室
専門分野 総合
管理運営 練馬区
開館 1962年昭和37年)8月1日
所在地 176-0012
東京都練馬区豊玉北六丁目8-1
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

練馬区立練馬図書館(ねりまくりつねりまとしょかん)は、東京都練馬区が運営する公共図書館である。

概要[編集]

日本で初めてブラウン方式による貸出を行った図書館である。

練馬区内で初めての図書館である。

沿革[編集]

  • 1961年(昭和36年)
    • 12月1日 - 落成(総工費2,876万円。現在の豊玉北六丁目8-2、現在の練馬区情報公開室)。
    • 12月18日 - 練馬区立図書館設置条例(練馬区条例第19号)を制定。
  • 1962年(昭和37年)
    • 1月9日 - 練馬区立図書館処務規定を施行。
    • 7月27日 - 練馬図書館館則(練馬区教育委員会規則第2号)を制定、同年8月1日施行。
    • 8月1日 - 一部開館。当時は、練馬区役所新庁舎を新築中だったため、2階と1階の一部に、練馬区建築課や練馬区教育委員会が入居していた。
  • 1964年(昭和39年)10月1日 - 全面開館。ブラウン方式貸出、無記名式入館票を実施。
  • 1967年(昭和42年)5月 - 予約制度を開始。移動図書館(区内4ヶ所巡回)を開設。
  • 1969年(昭和44年)7月 - 返却ポストを設置。
  • 1970年(昭和45年)12月 - 利用者登録時の保証人印鑑を廃止。区内2館目となる石神井図書館が開館。
  • 1971年(昭和46年)4月 - 児童の登録、貸出を開始。
  • 1972年(昭和47年)1月 - レコード貸出を開始。
  • 1973年(昭和48年)6月 - 紙芝居貸出を開始。
  • 1975年(昭和50年)10月 - 入館票を廃止。
  • 1985年(昭和60年)4月 - 現在地で、改築開館
  • 1987年(昭和62年)4月 - ファクシミリ導入により、資料相互検索開始。
  • 1988年平成元年)6月 - コンピュータ導入。
  • 1991年(平成3年)12月 - オンライン導入。

外部リンク[編集]