線型回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

線型回路(せんけいかいろ)は線型な回路素子 (線型素子) すなわち、抵抗キャパシタンスインダクタンス相互インダクタンスのみから構成される電気回路である。回路内に電圧源電流源がある場合にはそれらを除いた回路で考える。

線型回路では重ね合わせの原理相反定理鳳-テブナンの定理ノートンの定理などが成り立つ。 線型回路の振る舞いは線型微分方程式で記述でき、フーリエ解析ラプラス変換などによる解析対象となる。

一般にトランジスタダイオードなどは線型素子ではないのでそれらを含む回路は非線型回路である。 線型回路に理想演算増幅器を含めることがある。

関連項目[編集]