総見寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「摠見寺」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
摠見寺
Azuchi Town Sokenji Tower.jpg
三重塔(重要文化財)
所在地 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6367
位置 北緯35度9分15.20秒 東経136度8分22秒 / 北緯35.1542222度 東経136.13944度 / 35.1542222; 136.13944座標: 北緯35度9分15.20秒 東経136度8分22秒 / 北緯35.1542222度 東経136.13944度 / 35.1542222; 136.13944
山号 遠景山
宗派 臨済宗妙心寺派
創建年 天正年間(1573年 - 1591年
開基 織田信長、剛可正仲(伝・開山)
札所等 江州三十三観音25番
文化財 三重塔、二王門、金剛力士立像、鉄鐔(重要文化財)
テンプレートを表示

摠見寺(そうけんじ)は滋賀県近江八幡市安土町下豊浦の安土城跡にある臨済宗妙心寺派寺院山号は「遠景山」。

歴史[編集]

天正年間に安土城築城に伴って、織田信長によって城郭内に建立された。開山は、織田一族の岩倉城主織田信安の三男で禅僧剛可正仲とされているが、実際の創建時の住職尭照であったようである。

信長は近隣の社寺から多くの建物を移築し、建立したようである。具体的には、重要文化財に指定されている二王門や三重塔などを挙げられる。

江戸時代の寺領は227石5斗余りであった。ただし、檀家は持たなかった。18世紀末の段階では仁王門、書院、方丈など22棟の建物のあったことを確認できる。ただし、安政元年(1854年)11月16日、本堂など主要な建物のほとんどを焼失した。その後、徳川家康邸跡と伝えられる場所に仮本堂を建てた。明治維新後、寺領の喪失などにより、衰退していった。なお、明治18年(1885年)8月1日、内務省は修繕費50円を与えている。

元禄8年(1695年)5月、織田家の宇陀松山藩から丹波柏原藩への転封に伴い、柏原藩主織田信休大和国松山城下の徳源寺にあった同家の歴代当主織田信雄高長長頼信武の墓を安土城長谷川秀一邸跡に移す。現在も伝長谷川邸跡に四基の五輪石塔がある。

なお、江戸時代には同寺で天和元年(1681年)に信長の百回忌、享保16年(1731年)に百五十回忌、天明元年(1781年)に二百回忌、天保3年(1832年)に二百五十回忌の法事が営まれた。その際には丹波柏原藩主織田家をはじめとする織田一族や領主である近江仁正寺藩市橋家から使者が派遣されている。

歴代住職[編集]

初代正仲の死後、その父玉甫(織田信安)が住職となる。玉甫の死後は、しばらく住職不在となる。元和3年に信雄の仲介で龍安寺西源院の住職寿圭が摠見寺住職を兼務することになる。寿圭は臨済宗妙心寺派の僧侶であり、そのために摠見寺は同派に所属するようになったようである。後に寿圭は妙心寺住職になる。

元和9年(1623年)8月3日二代住職寿圭は死去、その跡目をめぐり、愚門と嶺南(東禅寺)が争論をおこす。幕府の裁決により、織田一族の愚門が後継者に選ばれる。

以後、江戸時代を通じ、歴代の住職は織田家の一族から選ばれることになる。また、歴代の住職は丹波柏原藩織田家の当主の猶子となった。

公的な歴代の住職は以下の通りである。

氏名 別名 在職期間 享年 続柄
- 尭照
不詳 -
1 正仲
剛可 不詳 - 慶長16年
不詳 - 1611年1月8日
- 織田信安の三男
- 玉甫
織田信安
常永
不詳 - 織田敏信の次男
2 寿圭
雪庭 元和3年 - 元和9年
1617年 - 1623年8月3日
- 織田信包の次男
3 愚門
宗哲侍者 寛永16年 - 貞享3年
1639年 - 1686年12月7日
- 織田信当の長男
4 宗訓
元禄3年 - 正徳3年
1690年 - 1713年5月18日
- 津田頼房の息子
5 宗諄
藤助
泉山
正徳5年 - 不詳
1715年 - 不詳
59 織田長清の七男
6 宗忍
不詳 - 明和2年
不詳 - 1765年
- 津田長邦の六男
7 宗弘
不詳 - 津田長邦の息子
8 宗篤
不詳 - 津田頼張の息子
9 宗軾
不詳 - 沖政教の息子
10 宗敦
不詳 - 津田頼道の養子

文化財[編集]

重要文化財[編集]

その他[編集]

  • 旧裏門 - 現超光寺(東近江市南須田町)表門

所在地[編集]

滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6367

アクセス[編集]

拝観料[編集]

入山料 500円 本堂特別拝観 500円(2009年4月より日曜祝日のみ開堂:雨天時閉堂)

関連項目[編集]