総督邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1610年に完成した総督邸。現在は博物館になっている。

総督邸(そうとくてい、Governor’s Palace)は、何世紀もニューメキシコ州の首都に指定されてきたサンタフェの中心地 (Plaza) にある、アドビ(日干しレンガ)による建築物である。総督邸は、米国によって継続して占領された、最古の公的な建築物といわれている。

1610年、アメリカ南西部の大部分を占めるスペイン領地の新任の知事、ペドロ・デ・ペラルタは総督邸の建設を始めた。その後、1680年のプエブロの反乱、1693年から1694年のスペインのレコンキスタ(失地回復)、1821年のメキシコの独立、そして最終的に1846年のアメリカの所有を見ながら、ニューメキシコの領土と同様に邸宅の所有者が代わった。

邸宅はもともと、一時は現在のテキサス州アリゾナ州ユタ州コロラド州ネバダ州カリフォルニア州、そしてニューメキシコ州の州を含んでいたスペイン領地、ヌエボ・メヒコの首長の官邸として任じられた。メキシコ独立革命の後、メキシコ領ニューメキシコ州は、総督邸から統治された。ニューメキシコがアメリカ領として併合された時、邸宅はニューメキシコの最初の州都になった。南北戦争の期間には、建物はちょっとの間、アメリカ連合国軍の地方本部にもなった。

1909年、ニューメキシコ州立法府がニューメキシコ・ミュージアムを創立した時、総督邸は州の歴史博物館になった。

外部リンク[編集]