網干

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
網干区
あぼし
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
自治体 姫路市
旧自治体 揖保郡網干町
世帯数
11,553世帯
総人口
29,295
住民基本台帳、2010年9月30日現在)
隣接地区 市内:大津区勝原区、余部区
市外:たつの市太子町
姫路市役所網干支所
北緯34度47分20.46秒 東経134度35分19.84秒 / 北緯34.7890167度 東経134.5888444度 / 34.7890167; 134.5888444座標: 北緯34度47分20.46秒 東経134度35分19.84秒 / 北緯34.7890167度 東経134.5888444度 / 34.7890167; 134.5888444
所在地 〒671-1253
兵庫県姫路市網干区垣内中町120
網干区の位置
網干区

網干(あぼし)は、兵庫県姫路市南西部の地区。

狭義では山陽電鉄山陽網干駅周辺を指すが、一方で広域地名「網干区」をも指す。また地元で単に「網干」と言った場合、狭義の網干以外に漠然と、北西で接する余部区(よべく)付近をも含んだ「姫路市南西端」との感覚で用いられることもある。このため、本稿では余部区についても述べる。

以下、「網干」は区中心部を指す表現として用い、広域地名「網干区」については「網干区」と記す。姫路市の「区」については、姫路市の「区」を参照のこと。

網干区は、JR網干駅を何とか含ませるようにしたが如く縦に長い区だが、面積がそれほど広くないこともあってか、飾磨区のように狭義地域と「区」とのイメージが乖離するまでには至っていない。

臨海部にダイセル西芝電機日本触媒などの大規模工場が並び、播磨臨海工業地帯の一角を成している。また播磨灘に面する網干港は姫路港特定重要港湾指定)の一端として、工業港湾の役割を果たす。

近年、地元以外では「ぼし」との発音が目立つが、姫路では「あし」が通常の発音である(但し接頭辞接尾辞によってアクセントが変化する)。

地理[編集]

  • 網干区は揖保川下流東岸と大津茂川下流西岸に挟まれた一帯で、ほぼ平坦である。東部で大津区と、北東部で勝原区及び揖保郡太子町と、西部で余部区と接する。また南西部で揖保川支流の中川を挟み、たつの市御津町(旧・揖保郡御津町)と向き合う。南方は播磨灘に面しているものの、海岸線のほぼ全てが工場地帯。沿岸は遠浅のため、イカナゴ漁などの沿岸漁業が行われる。なお興浜の北半と浜田は、揖保川の中州を占める。
  • 近畿一円で「網干」と言えば、狭義の網干よりもむしろ「JR西日本アーバンネットワーク』の西の拠点」として有名である。山陽本線網干駅の西隣には大規模な車庫(網干総合車両所)があり、同駅を行き先とする京阪神方面からの近郊電車が多数運行されているためである。但し、本来の網干市街は山陽電鉄山陽網干駅付近で、中心部から北へ3km離れたJR網干駅は、いわば街外れと言える。
  • 網干区中南部を国道250号(浜国道)が東西に走り、また北方へ伸びる兵庫県道27号太子御津線が、国道179号を経てたつの市中心部とを結んでいる。網干旧市街は、古くからの狭い道が交錯する街並。
  • 西で接するたつの市御津町内には綾部山梅林新舞子海水浴場、古くから摂播五泊の一つとして栄えた室津があり、網干は観光の玄関口。山陽網干駅前から神姫バスが連絡する(梅林や海水浴場へは季節便)。

歴史[編集]

  • 先述のように、遠浅の海を利用した沿海漁業のほか、海苔の養殖も古くから盛んだった。
  • 1919年大正8年)、臨海部に大日本セルロイド(現・ダイセル)の工場が進出、工業都市としての性格も持ち合わせるようになった。
  • 戦前までは揖保郡に含まれ「揖保郡網干町」だったが、終戦間もない1946年昭和21年)3月、進駐軍の方針もあって姫路市と合併することとなった(ラモート合併)。同時に旧町域が「網干区」となった。
  • 網干中心部へ伸びる山陽電鉄網干線は本線飾磨駅から延長線のようにまっすぐ西へ伸びているが、網干線の全線開業は本線姫路開業より18年も後の1941年(昭和16年)7月である。1909年明治42年)1月、国鉄網干駅から網干市街まで龍野電気鉄道(のちの播電鉄道)が路面電車を開業させ、更に北方は龍野播磨新宮まで延伸したものの、1934年(昭和9年)12月に廃止されている。

網干区内の公共施設[編集]

警察署[編集]

郵便局[編集]

  • 姫路網干郵便局
  • 網干本町郵便局
  • 網干駅前郵便局
  • 姫路田井郵便局
  • 網干宮内郵便局
  • 姫路浜田郵便局

かつては区内に普通局「網干郵便局」が存在したが、集配事務を飾磨に新設された姫路南局に統合する形で廃局となり、新たに特定局「姫路網干郵便局」が設置された。

市関係[編集]

教育[編集]

社寺[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 下太田住宅/下太田車庫~平松・上余部~JR網干
  • 姫路駅南口~文化センター・英賀保駅・南熊見・大津~JR網干
  • 新日鉄病院山電天満・大津~JR網干
  • ダイセル~山電網干・鵤・龍野~新宮駅/山崎
  • ダイセル~山電網干・ツカザキ病院・鵤・龍野・龍野中央病院~山崎
  • ダイセル~山電網干・ツカザキ病院・鵤・龍野・龍野中央病院・新宮駅~山崎
  • ダイセル~山電網干・釜屋・室津~大浦
  • 山電網干~新町・室津~大浦
  • ダイセル~山電網干・日触・釜屋・室津~大浦
  • 山電網干~日触
  • 山電網干~新舞子荘

道路[編集]

網干区に本社を置く企業[編集]

地名[編集]

北部[編集]

  • 網干区和久
  • 網干区高田
  • 網干区坂出
  • 網干区福井
  • 網干区田井
  • 網干区宮内
  • 網干区坂上
  • 網干区津市場

中心部・西部[編集]

  • 網干区大江島
  • 網干区大江島古川町
  • 網干区大江島寺前町
  • 網干区垣内北町
  • 網干区垣内東町
  • 網干区垣内中町
  • 網干区垣内本町
  • 網干区垣内西町
  • 網干区垣内南町
  • 網干区余子浜
  • 網干区北新在家
  • 網干区新在家
  • 網干区興浜
  • 網干区浜田

余部区[編集]

余部区
よべ
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
自治体 姫路市
旧自治体 揖保郡余部村
世帯数
1,844世帯
総人口
4,895
住民基本台帳、2010年9月30日現在)
隣接地区 市内:網干区
市外:たつの市、太子町

概要[編集]

  • 姫路市南西部、揖保川下流の北東岸に沿った田園地帯を指す地域名。区北東部には東芝姫路工場(1943年操業開始)が立地する。
  • 東部・南部で網干区と、北部で揖保郡太子町と、西部で揖保川を挟みたつの市御津町(旧・揖保郡御津町)と接する。
  • 戦前には揖保郡内の「揖保郡余部村」だったが、1946年(昭和21年)3月、網干と同様に姫路市へ併合され「余部区」となった。
  • 姫新線余部駅は北東へ直線距離で約9km離れた夢前川西岸に位置し、飾磨郡にかつて存在した余部村にあり当区とは無関係である。

公共施設[編集]

交通[編集]

地名[編集]

  • 余部区上川原
  • 余部区上余部
  • 余部区下余部

網干を舞台とする作品[編集]

外部リンク[編集]