網嚢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{name}}}
Gray1035.png
腹膜の垂直断面図。主要腹腔は赤、 網嚢は青。
概要
ラテン語 bursa omentalis
外部リンク
グレイの解剖学 p.1156
MeSH A01.047.025.600.678
TA A10.1.02.402
FMA FMA:19800
解剖学用語英語版

網嚢(もうのう、:Omental bursa)とは、大網小網によって形成される腹部の空間を言う。網嚢は、哺乳動物において認められ、網嚢孔(ウィンズロー孔)から大網へと続いている。哺乳類において、小網にかなりの量の脂肪が貯まっていることはさほど珍しくはない。

外部リンク[編集]