続・黄金の七人 レインボー作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
続・黄金の七人 レインボー作戦
Il grande colpo dei sette uomini d'oro
監督 マルコ・ヴィカリオ
脚本 マルコ・ヴィカリオ
原案 マルコ・ヴィカリオ
製作 マルコ・ヴィカリオ
出演者 フィリップ・ルロワ
ロッサナ・ポデスタ
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 エンニオ・グァルニエリ
編集 ニーノ・バラグリ
マリア・アナ・ロッカ
製作会社 Atlantica Cinematografica Produzione Films
Estela Films
Franco London Films
配給 日本の旗 東和[1]
日本の旗 ヘラルドリバイバル[2]
公開 イタリアの旗 1966年10月25日
日本の旗 1966年12月17日[1]
日本の旗 1994年9月(リバイバル)[2]
上映時間 イタリアの旗 97分
フランスの旗 90分
スペインの旗 92分
日本の旗 101分[2]
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
ロシア語
英語
前作 黄金の七人
次作 新・黄金の七人 7×7
テンプレートを表示

続・黄金の七人 レインボー作戦』(ぞくおうごんのしちにんレインボーさくせん、Il grande colpo dei sette uomini d'oro)は1966年のイタリアフランススペイン合作の犯罪コメディ映画。『黄金の七人』(1965年)の続編である。

ストーリー[編集]

前作『黄金の七人』のラストシーンからストーリーが始まる。教授とジョルジャ、そして6人の男たちは、南米某国の革命派リーダーである「将軍」の誘拐を多額の報酬で請け負う。しかしそこは彼らのこと、誘拐任務の遂行と並行して、莫大な金塊の略奪計画を進めていく。奇想天外な新兵器と手練手管、そして絶妙なチームワークで複雑な二面作戦を進める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
アルベール(教授) フィリップ・ルロワ 広川太一郎
ジョルジャ ロッサナ・ポデスタ 平井道子 山東昭子
アドルフ(ドイツ人) ガストーネ・モスキン 小林清志
アルフレッド(フランス人) モーリス・ポリ 仲木隆司
アルフォンソ(スペイン人) マヌエル・サルツォ 徳丸完
アルド(イタリア人) ガブリエレ・ティンティ 野島昭生
アウグスト(ポルトガル人) ジャンピエロ・アルベルティーニ 神山卓三
アンソニー(アイルランド人) ダリオ・デ・グラッシ
将軍 エンリコ・マリア・サレルノ 島宇志夫

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]