絨毛採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

絨毛採取(じゅうもうさいしゅ、Chorionic villus sampling:CVS)とは、出生前検査の一つ。

対象[編集]

方法[編集]

妊娠10~11週の妊娠初期に絨毛組織の一部を採取する。アプローチ方法は以下の2通りある。

  • 経腹的採取法
  • 経膣的採取法

合併症[編集]

  • 流産
  • 出血
  • 子宮内感染
  • 四肢末端奇形(LRD):妊娠10週未満に施行すると生じる可能性が高くなるといわれている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]