経凛々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「経凛々」

経凛々(きょうりんりん)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪の一つで、経文妖怪[1]。くちばしを持つ妖怪が頭に経文を巻いた姿で描かれている[2]

軍記物語『太平記』にある平安時代前期の守敏の逸話をもとに石燕が創作した妖怪とされる[1]。守敏は京都西寺の祈祷僧として知られていたが、東寺の僧・空海との法力比べで敗れ去り、不用となって捨てられた守敏の経文が付喪神と化したものが経凛々とされる[2]

また『百器徒然袋』の妖怪は、室町時代の妖怪絵巻『百鬼夜行絵巻』をモチーフとして描かれたものが多いが、この経凛々についても同様、『百鬼夜行絵巻』の中にある、くちばしの長い鳥状の妖怪が経文を頭に巻いている姿にデザイン上の共通点が見られる[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、139頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ a b c 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、298頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  3. ^ 谷川健一監修 『別冊太陽 日本の妖怪』 平凡社1987年、46頁。ISBN 978-4-582-92057-4

関連項目[編集]