組織地形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

組織地形(そしきちけい、英語:structural landform)は、地質構造に由来し、差別侵食を受け形成された侵食地形である。

概要[編集]

侵食地形においては、それを構成している地質構造の影響を大きく受ける。各地層はその構成物や固結度、変成、節理の状況などにより、侵食に対する抵抗度が異なる。これにより、差別侵食が発生すると、地層の配置・分布に特に影響された地形が形成される。これを組織地形と呼ぶ。

地質構造を反映した地形である点では、変動地形とともに構造地形に分類される。変動地形は地殻運動が主形成要因であり、組織地形は侵食活動が主形成要因である点が異なる。

主な組織地形[編集]

主な組織地形としては以下のようなものがある。