細川昌彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

細川 昌彦(ほそかわ まさひこ、1955年1月20日 - )は、日本の元経産官僚中部大学中部高等学術研究所特任教授、愛知県政策顧問、政治運動家

人物・経歴[編集]

  • 灘高等学校卒業
  • 1977年(昭和52年)3月 東京大学法学部卒業
  • 1977年(昭和52年)4月 通商産業省入省
    入省同期に、安達健祐(大臣官房長)、桑山信也(官房地域経済産業審議官)、加藤敏春(エコマネー提唱、東大総合文化研究科客員教授)、松村博史(IPA理事、駐英公使)、小林憲明(AIST理事、ジェトロデュッセルドルフセンター所長)、柴生田敦夫(RIETI上席研究員、ジェトロ北京代表処所長)など
  • 1985年(昭和60年)8月 山形県警察本部警務部長
  • 1989年(平成元年) 通商産業省大臣官房総務課法令審査員
  • 1993年(平成5年)8月1日 通商産業省貿易局安全保障貿易管理課長
  • 1995年(平成7年)5月22日 通商産業大臣官房付
  • 1998年(平成10年)6月26日 通商産業省通商政策局米州課長
  • 2002年(平成14年)6月 ハーバード・ビジネス・スクールAMP修了
  • 2002年(平成14年)7月30日 経済産業省貿易経済協力局貿易管理部長
  • 2003年(平成15年)7月11日 中部経済産業局長
  • 2004年(平成16年)6月22日 経済産業省大臣官房付
  • 2004年(平成16年)8月 日本貿易振興機構ニューヨーク・センター所長
  • 2006年(平成18年)9月 社団法人日本鉄鋼連盟常務理事
  • 2008年(平成20年)9月 中京大学経済学部教授
  • 2009年(平成21年)2月 名古屋市長選への立候補を表明。3月に中京大学を辞職。
  • 2009年4月26日 名古屋市長選挙に自民党公明党推薦で出馬も、河村たかし(前衆議院議員民主党公認)の514,514票に対し、282,990票の次点で落選した。
  • 2009年(平成21年)9月 中部大学中部高等学術研究所特任教授
  • 2011年(平成23年) 愛知県政策顧問

エピソード[編集]

  • 通商産業省時代、東京国際映画祭の立ち上げに携わる。[1]
  • 中部経産局長時代に、「グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ」構想を提言し、愛・地球博の準備や中部国際空港の開港準備に沸く愛知近縁で知名度を高めた。[2]
  • 中京大学教授就任後の、2008年8月22日に、著書『メガリージョンの攻防』(東洋経済新報社 ISBN 4492394990)が発刊された。10月には発刊記念パーティが名古屋観光ホテルで行われ、発起人には細川の古巣である経済産業省の望月晴文事務次官・柴田昌治日本ガイシ会長、岡田邦彦名古屋商工会議所会頭など名古屋の財界人が並んだ。
    • 同著では、メガ・リージョン(行政区等の区切りを持たない地域経済域)としての成長余地が高い日本国内のリージョンとして「グレーター・ナゴヤ」・「京阪神」・「北部九州」を上げている。
  • 2008年10月7日から2009年3月まで、どですか!メ~テレ)のレギュラーコメンテーターとして出演していた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]