素粒子 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
素粒子
Elementarteilchen
監督 オスカー・レーラー
脚本 オスカー・レーラー
原作 ミシェル・ウエルベック
製作 オリヴァー・ベルビン
ベルント・アイヒンガー
音楽 マルティン・トードシャローヴ
撮影 カール=フリードリヒ・コシュニック
編集 ピーター・R・アダム
配給 日本の旗 エスパース・サロウ
公開 ドイツの旗 2006年2月23日
日本の旗 2007年3月24日
上映時間 113分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 €6,000,000
テンプレートを表示

素粒子』(そりゅうし、: Elementarteilchen)は2006年制作のドイツの映画ミシェル・ウエルベック同名小説の映画化。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

異父兄弟のブルーノとミヒャエルは別々に育ち、まったく違う人生を歩んでいた。教師となったブルーノは結婚もして一見安定した生活を送っているように見えるが、性的な衝動を抑えることが出来ない。一方、淡白なミヒャエルは分子生物学者となり、研究に没頭していた。

外部リンク[編集]