素盞烏尊神社 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
素盞烏尊神社
Susa-osaka 02.jpg
拝殿
所在地 大阪府大阪市大淀南3丁目3-25
位置 北緯34度42分2.9秒
東経135度28分59.8秒
主祭神 素盞烏尊 
社格 旧村社
例祭 7月18日(夏祭)・10月18日(秋祭)
テンプレートを表示

素盞烏尊神社(すさのおじんじゃ)は大阪市北区大淀南に鎮座する神社。 通称、八坂神社。

祭神[編集]

歴史[編集]

  • 創建年代不詳ながら牛頭天王社・祇園社と呼ばれた浦江の氏神。
  • 明治5年(1987年)、素盞烏尊神社に改め、村社に列す。
  • 明治41年(1908年)12月12日、西里中の八幡神社、江川の野々宮、宮の前の斎宮社を合祀。
  • 明治42年(1909年)6月、神饌幣帛料供進社に指定される。
  • 明治45年(1912年)7月25日、東殿の和邇社を合祀。
  • 昭和20年(1945年)の大阪大空襲で焼失。
  • 昭和52年(1977年)4月16日再建。

境内[編集]

  • 王仁社 王仁臣
  • 八幡社 応神天皇
  • 斎宮社 飯豊受皇女神
  • 野々宮社 飯豊受皇大神

王仁社に関し、『摂津名所図会』では「犬江殿古蹟(おほえどのこせき)難波旧図、田蓑島にあり。この所斎宮女御御楔の地、今大仁村の北端に古松一株あり。その下に石造の宮の屋根なるもの見ゆる。余は土中に埋もれたり。これ、祓除の地の古称なるか。」と記述し、『摂津名所図会大成』では「大古墳」とある。

一本松大明神・正一位稲荷大明神・王仁大明神と呼ばれ、王仁の墓との伝承があるが、 井上正雄は大仁の和邇部が誤って伝わった[1]とし、 三善貞司は大化2年(646年)に孝徳天皇が制定した大仁墓のことか[2]と、いずれも否定的である。

交通アクセス[編集]

大阪環状線福島駅より 北西に徒歩9分

出典[編集]

  1. ^ 井上正雄 「大阪府全志」 (1922)全国書誌番号:73012615
  2. ^ 三善貞司「大阪史蹟辞典」(1986)全国書誌番号:86050775

外部リンク[編集]

素盞烏尊神社ホームページ