紙リサイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

紙リサイクル(かみリサイクル、英語: Paper recycling)とは、家庭から出る古紙資源ごみとして回収し、製紙メーカーが再生紙にするプロセスのことを言う。

概要[編集]

厳密には、

  1. 回収業者が回収
  2. 古紙問屋に集められ種類分け
  3. 製紙メーカーが古紙問屋から古紙を購入し、製紙する

というプロセスになっている[1]

分類[編集]

一般的には、下記の4種類に分類される。

  1. 新聞や広告チラシ、ルーズリーフなど
  2. 雑誌や通信販売のカタログなど
  3. ティッシュの箱など厚紙でできているもの
  4. 段ボール

古紙は特殊な液体で溶かし成分を抽出するが、紙の性質が違ったり、シールなどの不純物が混ざっていたりすると完全に溶けきらないこともある[2]。 ただし、回収後に紙以外の素材を取り除き、紙の種類ごとに仕分けする工程があるため、一般家庭が資源ごみを出す際に神経質になる必要はなく、大まかな分類で構わない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]