紅砒ニッケル鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紅砒ニッケル鉱 nickeline
分類 硫化鉱物
化学式 NiAs
結晶系 六方晶系
へき開 なし
モース硬度 5.5
光沢 金属光沢
淡銅赤
条痕
比重 7.8
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

紅砒ニッケル鉱(こうひにっけるこう、nickeline)は、蛇紋岩橄欖岩、変成マンガン鉱床中などに見られる硫化鉱物の一つ。

通常は粒状であるが、ゲルスドルフ鉱とともに大きな球状塊となることもある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]