糸瀬山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
糸瀬山
Mt.Itose from Mt.Utsugidake 02.jpg
空木岳から見た糸瀬山
標高 1,866.55[1] m
所在地 日本の旗 日本
長野県木曽郡大桑村
位置 北緯35度42分30秒
東経137度44分02秒
座標: 北緯35度42分30秒 東経137度44分02秒[1]
山系 木曽山脈
糸瀬山の位置
テンプレートを表示

糸瀬山(いとせやま)は、木曽山脈(中央アルプス)の宝剣岳から三沢岳を経て南西に派生した尾根上にある標高1,867 m。山体すべてが長野県に属する。

登山[編集]

空木岳から見た雲海と糸瀬山

山頂一帯は樹木が多く展望は良くない。山頂部に二等三角点(点名が「須原」)が設置されている[1]。山頂付近にのろし岩と呼ばれる花崗岩の大きな岩体があり、この上からは、木曽駒ヶ岳空木岳南駒ヶ岳越百山といった中央アルプスの山々や、遠く御嶽山乗鞍岳穂高岳など北アルプスの山々も一望できる。岩の上へ登るための梯子と鎖が架けられているが、かなり危険を伴い、熟練した技術が必要である。なお、山頂手前にある青ナギの大ガレの地点からは、空木岳から越百山にかけての山岳展望が開けている。

東海地方などからの日帰り登山として人気も高い。里山登山愛好者の間では、南木曽岳風越山・糸瀬山の3山を木曽三山と呼んでいる。

登山道[編集]

大桑村から尾根伝いに登山道がある。地元の方により整備され、標識も多く設置されている。

周辺の山[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2012年6月21日閲覧。

参考文献[編集]