精算表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

精算表(せいさんひょう、Work sheet)は会計に使用する計算書類の1つで、残高試算表に表示されている資産負債資本収益費用から損益計算書欄と貸借対照表欄を分離し、試算表欄とともに一覧表にした表である。

精算表には6桁精算表、8桁精算表、10桁精算表がある。

会計書類中の精算表の位置[編集]

企業における日々の金銭取引は仕訳(Journal entry)によって仕訳帳(Journal)に記入される。仕訳帳の情報は総勘定元帳に集約され、試算表(Trial Balance)によって正確性が検証された上で総勘定元帳の情報は精算表にまとめられる。決算時の整理作業(Adjustment)は精算表上で行なわれ、試算表が修正される。試算表上の整理集約された数値情報に基づいて財務諸表(Financial statements)が作成される。

6桁精算表[編集]

残高試算表欄の借方・貸方2桁と、損益計算書欄の借方・貸方2桁と、貸借対照表欄の借方・貸方2桁の計6桁からなる精算表である。

精算表 平成XX年3月31日
勘定科目 試 算 表 損益計算書 貸借対照表
借方  貸方  借方  貸方  借方  貸方
現   金 720,500 720,500
売 掛 金 360,000 360,000
商   品 3,590,000 3,590,000
買 掛 金 250,000 250,000
借 入 金 750,000 750,000
資 本 金 3,000,000 3,000,000
商品売買益 1,600,000 1,600,000
受 取 利 息 500 500
給   料 900,000 900,000
支 払 利 息 10,000 10,000
雑   費 20,000 20,000
当期純利益 670,500 670,500
5,600,500 5,600,500 1,600,500 1,600,500 4,670,500 4,670,500

8桁精算表[編集]

6桁精算表に決算整理をするための整理記入欄(修正記入欄)を追加したもの。

精算表 平成XX年3月31日
勘定科目 試 算 表 整理記入 損益計算書 貸借対照表
借方  貸方  借方  貸方  借方  貸方  借方  貸方
現   金 720,500 720,500
売 掛 金 360,000 360,000
商   品 3,590,000 3,590,000
買 掛 金 250,000 250,000
借 入 金 750,000 750,000
資 本 金 3,000,000 3,000,000
商品売買益 1,600,000 1,600,000
受 取 利 息 500 500
給   料 900,000 900,000
支 払 利 息 10,000 10,000
雑   費 20,000 20,000
当期純利益 670,500 670,500
5,600,500 5,600,500 1,600,500 1,600,500 4,670,500 4,670,500

10桁精算表[編集]

8桁精算表に整理(修正)後残高試算表欄を追加したもの。

関連項目[編集]