精度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

精度(せいど)とは:

  • 工学科学産業統計学における精度とは、一連の個々の測定/値/結果における許容できる程度を示す用語。正確度と精度に記述。
    • 精度(形容詞)と精密(形容詞)→精密に記す。
  • 情報工学において:
    • 精度 (算術)は値を表現する桁数を意味する。例えば、計算結果が3桁に丸められる場合、「丸め精度」は3であると言う。
    • 測定の際の最小桁の単位。例えば、測定結果が 17.130 メートルなら、その精度はミリメートルである。ulp (Unit in the Last Place) とも呼ばれる。
    • 一部のプログラミング言語データベースにおいて、固定小数点数の小数点以下の桁数を意味する。混乱をきたすので、この用法は滅多に使われない。
  • 同じ設計の個々の機器について、精度とはそれら機器が同じ環境・同じ入力を与えたときに同じ結果を返す度合いを意味する(Federal Standard 1037C および MIL-STD-188 での "precision" の定義)。
  • 1つの機器について、精度とはその機器を調整せずに繰り返し使用したとき、同じ環境・同じ入力を与えたときに同じ結果を返す度合いを意味する(Federal Standard 1037C および MIL-STD-188 での "precision" の定義)。
  • 情報検索で、検索結果が適切である度合い(検索結果数のうちの適切な結果数の割合)を意味する。適合率とも呼ぶ。一方、検索して欲しかった全項目数のうち実際に検索で見つかった割合を再現率と呼ぶ。