粟野靖浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
2010 東京 73kg級
世界団体
2012 サルヴァドール 73kg級
ワールドマスターズ
2010 水原 73kg級
2011 バクー 73kg級
グランドスラム
2010 パリ 73kg級
2010 モスクワ 73kg級
2011 パリ 73kg級

粟野 靖浩(あわの やすひろ、1988年9月27日 - )は、茨城県下妻市出身の、日本の元柔道選手である。階級は73kg級。身長は168cm。得意技は背負投[1]。現在はハンガリーで柔道の指導にあたっている[2]

人物[編集]

5歳の時に柔道を始める。桐蔭学園高時代は大きな実績を残していないが、筑波大学1年の時の講道館杯で優勝を果たす。その後国際大会でも一定の活躍をして、2010年のワールドマスターズでは、地元の世界チャンピオンである王己春大外刈で破って、王の連勝記録を53で止めた[3]。9月に東京で開催された世界選手権では、準々決勝で大学の先輩である秋本啓之に敗れるが、その後勝ち上がって3位となる。2011年には了徳寺学園所属となった。昨年に続く世界選手権代表にはなれなかったがユニバーシアード代表となった。また、ユニバーシアード日本選手団全体の主将にも選ばれた[4]。個人戦では結果を残せなかったものの、団体戦では優勝を果たした

2015年3月16日、現役引退を発表した[5]

戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]