籾井教業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

籾井 教業(もい のりなり、生没年不詳)は、戦国時代丹波国武将赤井直正と並んで武勇に優れたため、「青鬼」と呼ばれたが、実在には疑問もある。

生涯[編集]

籾井氏16世紀に丹波国多紀郡の篠山盆地に割拠した新興の豪族で、居城の籾井城(現在の篠山市域)は古代・中世に京都から丹波を経て山陰地方に向かう山陰道が篠山盆地に差し掛かる箇所にあたる要衝であった。

教業は武勇に優れ、「丹波の赤鬼」こと赤井直正と並んで「青鬼」と呼ばれた。篠山盆地の中心を抑える八上城(篠山市域)の波多野氏と姻戚関係にあり、その旗下の武将としてともに足利義昭に仕えた。天正3年(1575年)、義昭を追放した織田信長羽柴秀吉に自身に反抗する丹波の諸将の討伐を命じ、丹波への入り口にあたる籾井城は羽柴勢の猛攻を受け落城。教業は戦死し籾井氏は没落したといわれている。

しかし、実際の丹波攻略は明智光秀によるもので、最後の籾井城主は当時まだ20代の籾井綱利とされている。これは前述の伝承が江戸時代に民間で生き延びた波多野氏、籾井氏の旧臣の子孫が書き残したという『籾井家日記』などの野史によるものである。そのため教業にまつわる伝承を史実と受けとることは難しいとされている。