米国銃所有者協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

米国銃所有者協会(べいこくじゅうしょゆうしゃきょうかい、英:Gun Owners of America、略称:GOA)は、アメリカ合衆国市民団体圧力団体である。現在、会員数は約35万人。会長は元バージニア州下院議員ラリー・プラット

概要[編集]

1975年カリフォルニア州上院議員H.L. “ビル” リチャードソンにより設立される。アメリカ合衆国憲法修正第2条に定められた「銃を所持する権利」は神が与えたもうた絶対的なものであるとし、全ての銃器弾薬規制に反対し、アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局の廃止をも主張している。政治家の会員は多くないが、間接的な政治的発言力はある。また、GOAは全米ライフル協会(NRA)に次いでアメリカで2番目に大きなガンロビーでもある。GOAは銃規制に対して妥協的なNRAを「全米最強の銃規制団体」と批判している。スローガンは「銃規制が人を殺すのだ。銃は人を救います。」というものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]