米原秀幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
米原 秀幸
生誕 1967年10月2日(46歳)
日本の旗 日本 東京都
職業 漫画家
活動期間 1989年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 ウダウダやってるヒマはねェ!
フルアヘッド!ココ
Dämons』 など
テンプレートを表示

米原 秀幸(よねはら ひでゆき、Hideyuki Yonehara1967年10月2日 - )は、日本漫画家東京都出身。主に『週刊少年チャンピオン』誌上で作品を発表している。代表作は、『ウダウダやってるヒマはねェ!』、『フルアヘッド!ココ』、『Dämons(原作:手塚治虫)』など。

2010年5月7日発売の『風が如く』・第8巻で、単行本・通算100巻(冊)を数えた。

概要[編集]

日本デザイン専門学校卒業。1989年に『SPRINGS』で漫画家としてデビューした(『ヤングチャンピオン』巻頭カラー、「ヤングチャンピオンコミック大賞」受賞作品[1])。

ウダウダやってるヒマはねェ!』や『フルアヘッド!ココ』のような数年に渡る長編作品ですら、すべての伏線などを回収して円満に連載終了する緻密なストーリー構成で、作画に関して、効果線を多用する画は、紀里谷和明(映画監督)も「映像では表現できない」と絶賛した[2]

デビュー当初は、高校生を主軸にケンカやバイク、バンドなどをストーリーに絡めて構成されていたが、次第に近未来を彷彿させる構成や舞台設定の『Switch』『Dämons』、大航海時代を独自の世界観で展開させる『フルアヘッド!ココ』や戦国時代を舞台にした『風が如く』など、作風に拡がりを見せているものの、『チョコレートぶるーす』『ベイス』『南風!BunBun』など高校生を主軸にした作品も健在である。

人物[編集]

デビューから現在に至るまで、連載中の休載は一度も無く、連載終了から次の連載までのインターバルも短く、ファンを飽きさせない元気の良い作家である。作者の嗜好によりロックンロールを彷彿させるファッションや、車やバイクが好きな人には憧れの名車などが作品の中で度々登場する。

作風は「物語よりもキャラクターを大切にしたい。」と発言しているように[3]、キャラクターの設定からその演出に至るまで細部まで描かれ、上記のように絶賛される事もしばしばある。ほとんどの作品で「捨てキャラ」は登場せず、何かしらの小さなエピソードがさり気なく作中に盛り込まれている事が多く、キャラクターを最後まで簡潔に表現するため、上記のように小さな伏線も残さないストーリー展開を構成している。作画に関しては、背景の細かな部分やファルコン文字など細かな演出、効果線を多彩に駆使する演出に加えて、縦横斜の2ページに股がる大胆な描写など、見た人を圧倒する(いろんな意味で[4])こともある。

アシスタント経験の無い、独学の状態で漫画家としてデビューし[5]、本人は漫画家の弟子としての経験はないものの連載誌やコミックスでのコメントにて、非常に弟子想いな人物である一面が伺える。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

※各個別についての詳細はそれぞれの項目を参照のこと。

連載中[編集]

連載作品[編集]

ヤングチャンピオン

  • SPRINGS(1989年、全1巻) - デビュー作
  • Vision NOA(2011年 - 2012年、全4巻)

週刊少年チャンピオン

プリンセスGOLD

  • COLD RUSH(漫画原作担当、作画:くまだゆか、2011年 - 2012年) - 初の漫画原作担当であり、また少女漫画誌での初めての米原作品の連載となる。

プレイコミック

読み切り作品[編集]

月刊少年チャンピオン

週刊少年チャンピオン

  • 五郎's(1990年)
  • フルアヘッド!ココ 番外編
    1. 「死神の宝物」(1998年)
    2. 「北の街の女神」(1999年)
    3. 「奪取の仮面」(2000年)
    4. 「重舵の夢」(2001年)
    5. 「運が無い日の博打うち」(2001年)

増刊ヤングチャンピオン烈

短編集作品(単行本)[編集]

※すべて少年チャンピオン・コミックス

読み切りの4話と描き下ろしのエピローグを収録。
読み切りの5エピソードと描き下ろしのプロローグとエピローグを収録。
GARAKUTA Vol.1 - 5 / カフェビーンズ / 五郎's / ベイス の4作品を収録。

OVA[編集]

高校入学編(第1巻) - アマギン編(第2巻)を収録。

パチンコ[編集]

その他[編集]

  • 『週刊少年チャンピオン』の漫画賞「新人まんが賞」の審査員を務めており、批評コメントはやや辛口だが、逆に良い作品に対してべた褒めに近い表現のときもある(評価が両極端ということではない)。第51回から第74回まで参加。後に『侵略!イカ娘』というヒット作を生み出した作家である安部真弘の投稿作『羽根憑き』に対して、「絵はプロレベル」と画力は評価しながらも「話はまんがをバカにしてるとしか思えない」と痛烈極まりない酷評を飛ばしている。
  • デビュー作が巻頭カラーだったことについて、のちに「だまされていると思った」ことを語った[1]
  • 左利き。
  • 少年漫画との出会いは『ブラック・ジャック[6]
  • 『箕輪道伝説』は週刊誌での連載であるにもかかわらず、アシスタント無しの作者一人で少年誌での連載を始めた作品である[7]

弟子[編集]

関連項目[編集]

風が如く』の連載時期と映画『GOEMON』公開時期が重なったことにより“ゴエモン”繋がりで、『週刊少年チャンピオン』の特別企画として対談が行われた。また、作者も映画へのコメントを公式HPへ寄せている。

出典[編集]

  1. ^ a b 『ウダウダやってるヒマはねェ!』第12巻より。
  2. ^ 『週刊少年チャンピオン』2009年15号の特別企画対談より。
  3. ^ 『Dämons』第6巻より。
  4. ^ 乳首まで描かれた絵画のような扉絵や紐で縛られ監禁された少女の描写、背後から腹部を頭で貫いて顔を見せる描写など。
  5. ^ 『SPRINGS』巻末の「一言」より。
  6. ^ 『Dämons』第8巻より。
  7. ^ 『ウダウダやってるヒマはねェ!』第15巻のコメントより。