米倉誠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう)
人物情報
生誕 日本の旗 日本東京都
出身校 一橋大学(学士・修士)
ハーバード大学Ph.D
学問
研究分野 経営史
研究機関 一橋大学
博士課程
指導教員
アルフレッド・チャンドラー
他の指導教員 曳野孝
博士課程
指導学生
島本実(一橋大学)
川合一央(岡山商科大学)
稲山健司(明治学院大学)
清水洋(一橋大学)
宮崎晋生(静岡県立大学)
崔珉寧(沖縄大学)
Supawan Srisphaolarn (タマサート大学)
石崎琢也(湘北短期大学)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう、1953年 - )は、日本経営学者。専門は経営史一橋大学教授、ハーバード大学歴史学博士Ph.D.)。認定NPO法人Teach For Japanアドバイザー。

人物・来歴[編集]

東京都出身。東京都立戸山高等学校ではアメリカンフットボール部に所属し、クォーターバックを担当。また小説家を志し文学を大量に読んだという。1977年一橋大学社会学部を卒業。大学4年の就職活動では金融機関から内定を得ていたが、大学教員になろうと考えて就職せず経済学部に編入。経済学部卒業後は、一橋大大大学院社会学研究科に進学した[1]

1982年、一橋大大学院社会学研究科博士課程1年で文部教官に採用され一橋大学商学部附属産業経営研究施設助手に着任。大学、大学院では佐々木潤之介教授に師事し幕末史、明治維新史の研究を行い、マルクス経済学系歴史学の枠で産業経営研究施設助手に採用された。その後同じ年に産業経営研究施設に教授として採用された経営学者野中郁次郎教授と親しくなったが、ある日野中教授から「お前は本当に馬鹿だな。」などと言われ、アメリカ行きを勧められた。そこで今井賢一所長に陳情したところアメリカの大学での博士号取得を勧められた。大学の先輩だった曳野孝から住所を聞き、経営学者のアルフレッド・チャンドラー教授に手紙を書き、授業料免除の奨学金を得てハーバード大学芸術科学大学院(GSAS)に入学。途中一橋大学に戻りつつ、7年後の1990年6月にチャンドラー教授の指導の下博士論文を書き上げ歴史学博士の学位を取得し、以降経営学者として活動する[2][3]

学歴[編集]

職歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • The Japanese Iron and Steel Industry, 1850-1990―Continuity and Discontinuity (London: Macmillan, NY: St. Martin's Press, 1994)
  • 『戦略的国家・企業・個人を求めて:パワー・トゥ・ザ・ピープル』創元社、1994年
  • 一太郎の大冒険 ジャストシステムの"成功の育て方"』同朋舎 1997
  • 『経営革命の構造』岩波新書、1999年
  • 『ネオIT革命 日本型モデルが世界を変える Model J』講談社、2000年
  • 『勇気の出る経営学』ちくま新書、2001年
  • 『ジャパニーズ・ドリーマーズ―自己イノベーションのすすめ 』PHP新書、2002年
  • 『企業家の条件―イノベーション創出のための必修講義―』ダイヤモンド社、2003年
  • 『組織も戦略も自分に従う!―ビジョン・キャリア・チャレンジ 』中公新書ラクレ、2004年
  • 『脱カリスマ時代のリーダー論』NTT出版ライブラリーレゾナント、2005年
  • 『創造するアントレプレナー』ゴマブックス,2006年
  • 『創発的破壊:未来をつくるイノベーション』ミシマ社、2011年

共編著[編集]

  • 『経営史 (有斐閣Sシリーズ) 』(鈴木良隆安部悦生と共著)有斐閣、1987年
  • 『創造するミドル』(金井壽宏沼上幹と共著)有斐閣、1994年
  • 『日本経営史5 高度成長を超えて』(森川英正と共編著)岩波書店、1995年
  • 『戦後日本経済と経済同友会』(岡崎哲二菅山真治西沢保と共著)岩波書店、1996年
  • 『敗者復活の経営学 チャレンジを続ける人だけが成功する』板倉雄一郎共著 PHP研究所 2001 
  • 『かねよりもだ 「かね人種」亡国論「だ人種」救国論』松井道夫共著 ベストセラーズ 2002
  • 『企業の発展』編著 八千代出版 2002 現代経営学講座
  • 『ケースブック 日本のスタートアップ企業』(編)有斐閣ブックス、2005年
  • 『成功のルールは変わった! VCから見たベンチャービジネスの真実』中村明共著 企業家ネットワーク 2005
  • 『起業ってこうなんだ! どっとこむ』(藤田晋と共著)NTT出版、2006年

翻訳[編集]

  • パトリック・バーワイズ、リチャード・グレゴリーほか『これからの10年はおもしろい 世界の頭脳が近未来を読み解く Catch the future』監訳 同朋舎 2000 
  • ジム・ボトキン『ナレッジ・イノベーション 知的資本が競争優位を生む』監訳 三田昌弘訳 ダイヤモンド社 2001
  • ロバート・サットン『なぜ、この人は次々と「いいアイデア」が出せるのか』三笠書房 2002 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]