籠目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
籠目(六つ目編み)
籠目紋「籠目」
2Dカゴメ格子

籠目(かごめ)とは、などで編んだの目、またはその連続した格子状の編組のことである。編組の種類には、基本となる六つ目編み、四つ目編み、ござ目編み、網代編み、さらには、異なる太さのひごを駆使した波網代や、麻の葉編み、松葉編み、やたら編みといった装飾的な特徴を高めたものなど、用途に応じて様々なパターンがある。この籠目を模した連続文様魔除けの効果があるといわれる。

籠目紋[編集]

連続文様の籠目の一部を切り取った家紋に「籠目紋」がある。江戸時代には、小宮氏、曲淵氏などが用いた。

カゴメ格子[編集]

一部の鉱物において結晶構造が籠目になっているものもある。


関連項目[編集]