篠原とおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
篠原 とおる
生誕 1936年4月28日(78歳)
日本の旗愛媛県新居浜市
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1958年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 『さそり』
『にっぽん競馬伝』
ワニ分署
『河内残侠伝 軍鶏』
テンプレートを表示

篠原 とおる(しのはら とおる、男性、1936年4月28日 - )は、日本漫画家愛媛県新居浜市出身、現在は大阪府八尾市在住。愛媛県立新居浜工業高校卒業。

代表作に『さそり』、『にっぽん競馬伝』、『ワニ分署』、『河内残侠伝 軍鶏』など多数。

略歴[編集]

1955年愛媛県立新居浜工業高校卒業後、大阪の自動車部品工場を入社するも10ヶ月で退社し、マンガ芸術院で通信教育を受けながら雑誌に投稿。

1958年、「覆面博士」が童心社より初出版。

1962年影丸穣也さいとう・たかを佐藤まさあき辰巳ヨシヒロ水島新司等が所属していた大阪の日の丸文庫で描き始める。

1967年、「女豹マコ」・「人間昆虫記」・「ズベ公探偵ラン」などの女性主人公が登場する漫画を描き始める。

1970年、女囚を主人公にした「さそり」をビッグコミックに連載、現在の作風スタイルを確立する。

1972年、作品の映画化が始まる。

夕刊紙の夕刊フジにて、「女仕置人ゼブラ」を連載。

作風[編集]

ヒロインアクション劇画の第一人者にしてパイオニア的存在で多くの作品が映像化されているが、意外にもアニメ化された作品は一本もない。映像化されたものはヴァイオレンス色や怨念が強調されたものが多く、原作のほうも初期はそうした傾向があるが、中期以降は明るいお色気と娯楽色が前面に出たものも目立ち、人気が高い。

一貫して強く賢明な女性主人公を描き続け、男性はたいてい悪人か無能者、良くて若干抜けたところのある協力者というポジションで描かれる。

作品リスト[編集]

  • 覆面博士
  • 女豹マコ
  • 人間昆虫記
  • ズベ公探偵ラン
  • にっぽん競馬伝(原作:あべ善太
  • 定年諸君
  • 陶子
  • 狩人蜂
  • さそり
  • 河内残侠伝軍鶏
  • やどかり
  • 女刀師サヤカ
  • がらんどう
  • O課の女
  • 夜光虫(原作:柿沼宏
  • ワニ分署(82分署)
  • コードネーム348 サシバ
  • 刑事あんこう
  • ヒールのテキスト
  • 食虫花
  • 火喰鳥
  • 銀笹
  • 砂(ドロップ)
  • 女仕置人ゼブラ
  • 天下頂戴!(リイド社「コミック乱」2003年11月号~掲載)
  • もうかりまっか?(原作:林律雄

映画化・舞台化[編集]

原作 『さそり』[編集]

原作 『O課の女』[編集]

  • 劇場公開作品 詳細はZero WOMANを参照
    • 0課の女 赤い手錠 (1974年
    • Zero WOMAN 警視庁0課の女 (1995年
    • Zero WOMAN R 警視庁0課の女/欲望の代償 (2007年)
  • 新Zero WOMANシリーズオリジナルビデオ
    • Zero WOMAN II 警視庁0課の女 (1995年)
    • Zero WOMAN III 警視庁0課の女 (1996年
    • Zero WOMAN 名前のない女 (1996年)
    • Zero WOMAN 消せない記憶 (1997年
    • Zero WOMAN 危ない遊戯 (1998年
    • Zero WOMAN 最後の指令 (1998年)
    • 新Zero WOMAN 0課の女再び… (2004年

原作 『ワニ分署』[編集]

  • 劇場公開作品 詳細はワニ分署を参照
  • Vシネマ、およびオリジナルビデオ
    • 82(ワニ)分署 Rebirth (1996年
    • 新 82(ワニ)分署 (1998年

原作 『刑事あんこう』[編集]

  • 舞台
  • Vシネマ、およびオリジナルビデオ
    • あんこう (1991年VHS、SHSプロジェクト)

原作 『コードネーム348 サシバ』[編集]

原作 『女仕置人ゼブラ』[編集]

  • Vシネマ、およびオリジナルビデオ
    • 女仕置人ゼブラ セクシー編 (1990年)
    • 女仕置人ゼブラ アクション編 (1990年)

原作 『河内残侠伝 軍鶏』[編集]

  • Vシネマ、およびオリジナルビデオ
    • 河内残侠伝 軍鶏 (1991年)

アシスタント[編集]

新谷かおる(高校在学中から卒業まで[1]

脚注・補足[編集]

  1. ^ 『エリアファイル88』(小学館・1985年刊)に付属されたカセットテープの新谷のインタビューを参照。篠原の下では漫画の基礎を学んだと語っている。