管弦楽のための変奏曲 (シェーンベルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

管弦楽のための変奏曲Variationen für Orchester作品31は、アルノルト・シェーンベルク1926年から1928年にかけて作曲した管弦楽曲。十二音技法を用いて書かれた最初の大規模な作品である。

初演は1928年12月2日、ベルリンにおいて、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によって行われた。

出版は1929年ウィーンウニフェルザール出版社から。

楽器編成[編集]

フルート4(ピッコロ2持ち替え)、オーボエ3、コーラングレ(第4オーボエ)、クラリネット3、小クラリネット(第4クラリネット)、バス・クラリネットファゴット3、コントラファゴット(第4ファゴット)、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニ大太鼓小太鼓、長太鼓、シンバルタムタムトライアングルシロフォングロッケンシュピールフレクサトーンチェレスタマンドリンハープ弦五部

演奏時間[編集]

約23分

楽曲の構成[編集]

導入部、主題と9つの変奏、終曲からなる。520小節。

  • 導入部(1 - 33小節) 2分の2拍子
  • 主題(34 - 57小節) 4分の3拍子
  • 第1変奏(58 - 81小節) 4分の3拍子
  • 第2変奏(82 - 105小節) 8分の9拍子
  • 第3変奏(106 - 129小節) 4分の3拍子
  • 第4変奏(130 - 177小節) 4分の3拍子
  • 第5変奏(178 - 201小節) 2分の3拍子
  • 第6変奏(202 - 237小節) 8分の4拍子
  • 第7変奏(238 - 261小節) 4分の4拍子
  • 第8変奏(262 - 285小節) 2分の2拍子
  • 第9変奏(286 - 309小節) 2分の2拍子
  • 終曲 - 3つの部分に分かれる。
    • 第1部(310 - 343小節) 4分の3拍子
    • 第2部(344 - 434小節) 4分の2拍子
    • 第3部(435 - 520小節) 4分の2拍子

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー16 新ウィーン楽派 (音楽之友社