筑豊中間駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
筑豊中間駅
筑豊中間駅(2008年3月31日)
筑豊中間駅(2008年3月31日)
ちくほうなかま - CHIKUHŌNAKAMA
東中間 (0.7km)
所在地 福岡県中間市東中間一丁目
所属事業者 筑豊電気鉄道
所属路線 筑豊電気鉄道線
キロ程 7.9km(黒崎駅前起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,023人/日
-2011年-
開業年月日 1956年(昭和31年)3月21日
備考 無人駅

筑豊中間駅(ちくほうなかまえき)は、福岡県中間市東中間一丁目にある筑豊電気鉄道筑豊電気鉄道線である。

開業当初の駅跡地は工事用車両などの車庫として使われている。

歴史[編集]

  • 1956年(昭和31年)3月21日 - 貞元(現・熊西) - 当駅間の開業に際し、当初の終点駅として開業。
  • 1958年(昭和33年)4月29日 - 木屋瀬までの延伸により中間駅となる。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ築堤上の高架駅無人駅だが定期券発売所が設置されている。

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗降人員は1,023人である[1]

駅周辺[編集]

その他[編集]

  • 駅の直方側に折返し用のポイントがあり、黒崎から来た列車のおよそ半数はここで折り返す。
  • 中間東小学校側の線路斜面には赤や黄色のかわいい花が植えられており、地域の人が丁寧に世話をして育てている。
  • 黒崎駅前方面行きホームでは、電車が接近すると接近メロディが流れる。このメロディは土佐電気鉄道でも同じものが流れている。

隣の駅[編集]

筑豊電気鉄道
筑豊電気鉄道線
東中間駅 - 筑豊中間駅 - 希望が丘高校前駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]