第8方面軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第8方面軍
創設 1942年昭和17年)11月16日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 方面軍
所在地 ニューブリテン島
通称号/略称
最終上級単位 大本営
担当地域 ニューギニア島ビスマルク諸島ソロモン諸島
最終位置 ニューブリテン島 ラバウル
主な戦歴 第二次世界大戦-ニューギニアの戦い-ソロモン諸島の戦い
テンプレートを表示

第8方面軍(だいはちほうめんぐん)は、大日本帝国陸軍方面軍の一つ。

沿革[編集]

ソロモンニューギニア作戦の指揮に当たることを目的として1942年昭和17年)11月16日に編成された。ニューブリテン島ラバウル司令部を置いた。本土とラバウルの補給が途絶した後は自活方針を採り、終戦まで司令部は健在であった。

概要[編集]

  • 通称号:剛
  • 編制時期:1942年(昭和17年)11月16日
  • 最終位置:ニューブリテン島ラバウル
  • 上級部隊:大本営

方面軍人事[編集]

司令官[編集]

  • 今村均中将 1942年(昭和17年)11月9日 - 終戦

参謀長[編集]

  • 加藤鑰平中将 1942年(昭和17年)11月9日 - 終戦

参謀副長[編集]

  • 佐藤傑大佐 1942年(昭和17年)11月9日 - 1943年(昭和18年)8月2日
  • 有末次少将 1943年(昭和18年)8月2日 - 1943年(昭和18年)9月11日
  • 公平匡武少将 1943年(昭和18年)9月11日 - 1944年(昭和19年)6月19日

終戦時[編集]

  • 司令官:今村均大将
  • 参謀長:加藤鑰平中将
  • 高級参謀:広瀬四郎少将
  • 高級参謀:高橋鶴夫大佐
  • 高級副官:松久徳太郎大佐
  • 兵器部長:舟山貞治少将
  • 経理部長:広田明主計少将
  • 軍医部長:上原慶軍医中将
  • 獣医部長:湯川忠一獣医大佐
  • 法務部長:矢島昌良法務少将
  • 特殊情報部長代理:成松長正少佐

隷下部隊[編集]

  • 第17軍(ソロモン方面担当)
  • 第18軍(ニューギニア方面担当)→のち南方軍の隷下に入る
  • 第17師団
  • 第38師団
  • 独立混成第39旅団
  • 独立混成第40旅団
  • 第65旅団
  • 第9砲兵司令部
  • 第8方面軍飛行隊
  • 第8方面軍通信隊

関連項目[編集]