第6軽機甲旅団 (フランス陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第6軽機甲旅団
Insigne 6e BLB.jpg
第6軽機甲旅団章
創設 1999年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 旅団
兵種/任務/特性 機械化歩兵
人員 約6,000名
所在地 ガール県
ニーム
標語 Ne me dites pas que c'est impossible!
(速く、強く平静に!)
上級単位 CFAT
主な戦歴 アフガニスタン紛争 (2001年-)
テンプレートを表示

第6軽機甲旅団(だいろくけいきこうりょだん、6e brigade légère blindée:6e DLB)は、フランス陸軍旅団のひとつ。CFAT隷下の軽機甲旅団で司令部ガール県ニームに置く。

旅団は約6,000名の隊員で構成される。旅団は命令一下、速やかに地球規模で展開できるように軽装甲装輪車両化歩兵部隊で構成された、フランスが誇る緊急展開装甲部隊である。基となった部隊は湾岸戦争でも活躍した旧第6機甲師団で、1999年の改編で旅団となる。

第6軽機甲旅団は、同じ軽装甲装輪車両化歩兵旅団である第9海兵軽機甲旅団を始めとするフランス陸軍のほかの旅団と比較して外人部隊の比率が高いのも特徴であり、指揮下の6個連隊のうち半数の3個連隊(第1外人騎兵連隊、第2外人歩兵連隊、第1外人工兵連隊)が外人部隊である。

沿革[編集]

編制[編集]

関連項目[編集]