第58爆撃団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第58爆撃団(だい58ばくげきだん)はアメリカ陸軍航空軍第20空軍第20爆撃集団隷下の爆撃団。

概要[編集]

第58爆撃団は第20爆撃集団隷下の爆撃団として米軍最初に編成されたB-29の爆撃部隊である。司令は当初ラベーヌ・G・サンダース准将(1944年4月-1945年2月)で、のちドワイト・O・モンテス大佐(1945年2月-1945年4月)に交代した。隷下に第40爆撃群第444爆撃群第462爆撃群第468爆撃群の四爆撃連隊(Bomber Group)[1]を有し、各爆撃群は四爆撃隊から編成された。数多くの戦果をあげたが、ジェネラル・H・H・アーノルドスペシャルが被弾して帰還不能となり、ソ連に鹵獲されてTu-4の原型にされるなど、数多くの不名誉も記録している。

隷下部隊[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 東京大空襲 B29から見た三月十日の真実(E・バートレット・カー、大谷勲/訳 光人社NF文庫)