第50宇宙航空団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第50宇宙航空団
50th Space Wing.png
創設 1949年-
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ空軍
上級部隊 第14空軍
基地 コロラド州 シュリーヴァー空軍基地
ニックネーム 50SW

第50宇宙航空団(50th Space Wing)は、アメリカ空軍空軍宇宙軍団第14空軍に属する組織。主に空軍の人工衛星の追跡・監視・制御を主任務としている。

1949年5月16日に新編され、1991年までは再編成を繰り返しつつも、戦闘機または戦闘爆撃機部隊であった。1992年の再編成・復帰編成により、それまで人工衛星運用を担当していた第2宇宙航空団(2SW)の任務を引き継いでいる。グローバル・ポジショニング・システム衛星(GPS)の運用も任務に含まれている。人員は約4,000名以上。

編成[編集]

  • 第50任務支援群(50th Mission Support Group):部隊の運営管理・後方支援
    • 第50建設隊(50th Civil Engineer Squadron):基地・部隊施設の整備
    • 第50契約隊(50th Contracting Squadron):契約・会計管理
    • 第50戦力支援中隊(50th Force Support Squadron):事務・教育・福利厚生担当。
    • 第50兵站即応小隊(50th Logistics Readiness Flight):兵站支援。
    • 第50警備隊中隊(50th Security Forces Squadron):基地の警備。
  • 第50ネットワーク作戦群(50th Network Operations Group):衛星運用システム・ネットワークの維持管理。
    • 第21宇宙作戦中隊(21st Space Operations Squadron):広帯域通信担当。
    • 第22宇宙作戦中隊(22d Space Operations Squadron):追跡ステーション担当。
    • 第23宇宙作戦中隊(23d Space Operations Squadron):通信システムの管理・提供
    • 第50宇宙通信中隊(50th Space Communications Squadron)
  • 第50作戦群(50th Operations Group):管轄する人工衛星の追跡・監視・制御
    • 第1宇宙作戦中隊(1st Space Operations Squadron):宇宙配備宇宙監視衛星などを担当。
    • 第2宇宙作戦中隊(2d Space Operations Squadron):グローバル・ポジショニング・システムなどを担当。
    • 第3宇宙作戦中隊(3d Space Operations Squadron):通信衛星(DSCS)担当。
    • 第4宇宙作戦中隊(4th Space Operations Squadron):通信衛星(MILSTAR)担当。
    • 第50作戦支援中隊(50th Operations Support Squadron):訓練担当。

沿革[編集]

系譜[編集]

  • 第50戦闘航空団(50th Fighter Wing)1949年5月16日新編 1949年7月1日編成解除
  • 第50戦闘要撃航空団(50th Fighter-Interceptor Wing)1950年3月1日改編 1951年6月2日編成解除
  • 第50戦闘爆撃航空団(50th Fighter-Bomber Wing)1952年11月15日改編 1953年1月1日復帰編成
  • 第50戦術戦闘航空団(50th Fighter-Bomber Wing)1958年7月8日改編 1991年9月30日編成解除
  • 第50宇宙航空団(50th Space Wing):1992年1月1日改編 1992年1月30日復帰編成

所属[編集]

外部リンク[編集]