第44戦闘団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jagdverband 44
Jagdverband 44.svg
創設 1945年3月頃 - 1945年5月
国籍 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
軍種 Balkenkreuz.svg 空軍
兵科 戦闘機Me 262
任務 ドイツ防空戦
ドイツ博物館に展示されているMe 262

第44戦闘団(Jagdverband 44)とは、第二次世界大戦末期にドイツ空軍で設立された防空戦闘団。エース・パイロットが集められており、また史上初のジェット機であるメッサーシュミット Me262を優先的に使用することができた。

概要[編集]

1945年1月、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングに戦闘機隊総監の職を追われたアドルフ・ガーランドのために、ヨハネス・シュタインホフ大佐、ギュンター・リュッツオウ中佐ら飛行団長がゲーリングを弾劾した。それを収めるためゲーリングら空軍首脳部は1945年3月ガーランドをジェット戦闘機隊の第44戦闘団(Jagdverband 44、略号JV44)の司令官に任じ、人選の自由裁量権を与えた。そのためガーランドはドイツ中の精鋭に声をかけ引き抜いた[1]

部隊員の大半が騎士鉄十字章受章者だったため、騎士鉄十字章戦闘機隊とも呼ばれた。JV44 の部隊番号は、一説にはスペイン内戦時に派遣された義勇軍コンドル軍団第88戦闘大隊英語版(Jagdgruppe 88)にあやかり、せめて半分の成功を収められれば、という事で命名されたという。また、44(vierundvierzig / フィーアウントフィーアツィヒ)には総統(Führer / フューラー)2人分、という洒落も込められているという。

JV 44は自前の防衛飛行中隊を持っていた。離着陸時のジェット機は連合国軍の地上攻撃機による機銃掃射に対して脆弱であり、これの「離着陸援護(Start- und Landeschutz)」が防衛飛行中隊の任務であった。

ガーランドはエーリヒ・ハルトマンにも声をかけたが、今さら自分の戦場を離れる気になれないこととメンバーが自分より上級者ばかりであるため僚機に回らなければいけないことを理由に拒否した[2]

戦暦[編集]

1945年4月からJV44は迎撃任務を開始しガーランド自身もメッサーシュミット Me262に乗って出撃した。 4月21日、バルクホルンの最後の出撃で爆撃機編隊に接近したところで突如エンジンが発火、降下したところをアメリカ軍のP-51に狙われた。バルクホルンのMe262は林の中に突っ込んだ。爆発前に脱出したものの、バルクホルンは負傷して病院に担ぎ込まれ、そのまま終戦を迎えた。

4月24日、クルピンスキーら4人のパイロットはアメリカ陸軍航空軍のB-26編隊を迎撃するためにミュンヘン・リーム空港から最後の出撃をした。4機の編隊長、ギュンター・リュッツオウ大佐は行方不明となり現在も消息は分かっていない。もう一人のパイロットはクラウス・ノイマンであった。 ガーランドも4月26日の戦闘でB-26を2機撃墜したが、護衛機のP-47に攻撃され被弾、帰還に成功したものの頭部に負傷しバイエルン市内の病院に搬送され、そのまま終戦を迎えた。

主な所属パイロット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木五郎『撃墜王列伝 大空のエースたちの生涯』光人社NF文庫135-136頁
  2. ^ 鈴木五郎『撃墜王列伝 大空のエースたちの生涯』光人社NF文庫95頁