第4航空旅団 (フランス軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第4航空旅団
創設 1999年 7月1日
廃止 2010年6月3日
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 旅団
兵種/任務/特性 航空作戦
人員 約4,400名
所在地 ムルト=エ=モゼル県
Essey-lès-Nancy
上級単位 ALAT
CFAT
テンプレートを表示

第4航空旅団(だいよんこうくうりょだん、フランス語:4e brigade aéromobile:4e BAM)は、フランス陸軍旅団のひとつ。ALAT隷下の航空旅団で司令部ムルト=エ=モゼル県のEssey-lès-Nancyに置く。

旅団は約4,400名の隊員と202機のヘリコプターで構成される。地上部隊に対し、対地火力、戦場情報、航空輸送等の提供が主たる任務である。

新たに軍縮計画が持ち上がり、陸軍航空部隊を再編成するため2010年を目処に旅団は廃止される予定がもちあがり、予定どおり2010年6月3日に解隊される。

沿革[編集]

編制[編集]

関連項目[編集]