第37軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第37軍
創設 1942年昭和17年)4月11日
(ボルネオ守備軍)
再編成 1944年(昭和19年)9月12日
(第37軍)
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 ボルネオ島
通称号/略称 灘(なだ)
最終上級単位 南方軍
最終位置 ボルネオ島 サボン
主な戦歴 第二次世界大戦ボルネオの戦い
テンプレートを表示

第37軍(だいさんじゅうななぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

1942年4月にボルネオ守備軍が編制され、同月20日に南方軍戦闘序列に編入、旧英領ボルネオの守備を担当した。1944年9月に名称を第37軍に変更し、引き続きボルネオ守備を担い終戦を迎えた。

軍概要[編集]

ボルネオ守備軍[編集]

  • 通称号:灘(なだ)
  • 編成時期:1942年4月11日
  • 最終位置:クチン
  • 上級部隊:南方軍

第37軍[編集]

  • 通称号:灘
  • 編成時期:1944年9月12日
  • 最終位置:サボン
  • 上級部隊:南方軍

歴代司令官[編集]

ボルネオ守備軍司令官[編集]

  • 前田利為 予備役中将:1942年4月11日 - 9月5日
  • 山脇正隆 予備役中将:1942年9月18日 - 1944年9月22日

第37軍司令官[編集]

  • 山脇正隆 予備役大将:1944年9月22日 -
  • 馬場正郎 中将:1944年12月26日 -

歴代参謀長[編集]

ボルネオ守備軍参謀長[編集]

第37軍参謀長[編集]

  • 馬奈木敬信 少将:1944年9月22日 -
  • 黒田茂 少将:1945年2月24日 -

最終司令部構成[編集]

  • 司令官:馬場正郎中将
  • 参謀長:黒田茂少将
  • 高級参謀:高山彦一大佐
    • 作戦参謀:岩橋学中佐
    • 後方参謀:佐藤弥太郎少佐
  • 高級副官:江上惣兵衛中佐
  • 経理部長:槌田一次主計大佐

最終所属部隊[編集]

  • 独立混成第56旅団
  • 独立混成第71旅団
  • 独立混成第25連隊(ゼッセルトン(現コタキナバル)):家村新七大佐
  • 第37軍憲兵隊(ゼッセルトン):町田琢大佐
  • 第4通信隊司令部
    • 独立有線第124中隊
    • 独立有線第125中隊
    • 独立無線第119小隊(灘12980)
    • 独立無線第120小隊(灘12981→威12981)1944年9月満州・林口にて臨時動員により電信第4連隊から抽出して編成。11月11日マニラ上陸後、同東方拠点で戦闘。1945年9月2日戦闘終結※比島方面部隊略歴(1961年厚生省援護局刊)
    • 独立無線第121小隊(灘12982) 
独立大隊
  • 独立歩兵第432大隊:田村初雄少佐    
  • 独立歩兵第454大隊:山田光秋少佐    
  • 独立歩兵第455大隊:常井忠雄少佐    
  • 独立歩兵第553大隊:有谷辰蔵少佐    
  • 独立歩兵第554大隊      
  • 独立歩兵第774大隊:千葉晃彦大尉    
  • 独立機関銃第20大隊      
  • 独立機関銃第22大隊
独立中隊
  • 独立野戦高射砲第64中隊
  • 独立自動車第307中隊
  • 独立自動車第332中隊
  • 独立船舶工兵第1中隊
兵站部隊        
  • 第103野戦道路隊
  • 第11野戦郵便隊     
  • 南方第11陸軍病院(ボーホート):阿部信一軍医中佐
  • 第147兵站病院(ゼッセルトン):大江捷次郎軍医中佐
其他直轄部隊
  • 海上輸送第10大隊第3中隊
  • 建築勤務第75中隊

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。