第32軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第32軍
Japanese Commanders on Okinawa.jpg
第32軍の陣容(昭和20年2月頃)
創設 1944年昭和19年)3月15日
廃止 1945年(昭和20年)6月23日(司令部の崩壊)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 沖縄本島
通称号/略称
最終上級単位 第10方面軍
最終位置 沖縄本島 摩文仁村
主な戦歴 第二次世界大戦
(沖縄戦)
テンプレートを表示

第32軍(だいさんじゅうにぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。


沿革[編集]

第二次世界大戦末期、1944年(昭和19年)3月15日に編成された第32軍は、沖縄本島に司令部を置き奄美群島から先島諸島をその守備範囲として連合国軍の上陸に備えた。司令部は首里に置かれ、首里城の地下に大規模な地下壕が掘られた。軍の作戦は八原博通高級参謀によって立案された。当初は積極攻勢が提案されていたが、第9師団の台湾抽出後は「戦略持久」を堅持した。 1945年(昭和20年)4月1日連合軍が沖縄本島に上陸するも、第62師団を配置し、首里の北東嘉数前田を主陣地第一線として血みどろの防衛線を展開した。5月4日、軍は戦略持久を一転、総攻撃を実施したものの八原大佐の危惧した通り、結果は惨憺たるものであった。 5月下旬に首里が陥落すると南部の摩文仁へ撤退し、抵抗を続けるものの、6月23日未明、牛島満軍司令官と長勇参謀長が自決し、軍としての組織的行動を終焉した。

第32軍の人事[編集]

歴代司令官[編集]

  • 渡辺正夫 中将(陸士21期、陸大31期:1944年(昭和19年)3月22日 - 1944年(昭和19年)8月8日
  • 牛島満 中将(陸士20期、陸大28期:1944年(昭和19年)8月8日 - 1945年(昭和20年)6月23日自決

歴代参謀長[編集]

  • 北川潔水 少将(陸士29期、陸大41期):1944年(昭和19年)3月22日 - 1944年(昭和19年)7月8日
  • 長勇 少将(陸士28期、陸大40期):1944年(昭和19年)7月8日 - 1945年(昭和20年)6月23日自決

参謀部[編集]

高級参謀[編集]

  • 八原博通 大佐(陸士35期、陸大41期):1944年(昭和19年)3月22日 - 1945年(昭和20年)6月23日

後方参謀[編集]

  • 木村正治 中佐(陸士36期):1944年(昭和19年)7月8日 - 1945年(昭和20年)6月23日

航空参謀[編集]

  • 釘宮清重 中佐(陸士38期):1944年(昭和19年)3月22日 - 1944年(昭和19年)10月5日
  • 林忠彦 少佐(陸士45期、陸大53期):1944年(昭和19年)6月26日 - 1944年(昭和19年)7月23日事故死
  • 釜井耕輝 中佐(陸士38期):1944年(昭和19年)9月2日 - 1945年(昭和20年)2月13日
  • 神直道 少佐→中佐(陸士44期、陸大55期):1945年(昭和20年)2月26日 - 1945年(昭和20年)7月24日

情報参謀[編集]

  • 薬丸兼教 少佐(陸士48期、陸大58期): 1944年(昭和19年)7月24日 - 1945年(昭和20年)6月23日戦死

船舶参謀[編集]

  • 八坂繁広 少佐→中佐(陸士40期):1944年(昭和19年)4月1日 - 1945年(昭和20年)1月29日

※兼第1船舶輸送司令部参謀。第96師団参謀へ転出。

通信参謀[編集]

  • 三宅忠雄 少佐(陸士48期、陸大57期):1944年(昭和19年)3月22日 - 1945年(昭和20年)6月21日戦死

作戦補佐参謀[編集]

  • 枦山徹夫 少佐(陸士47期、陸大58期):1944年(昭和19年)7月31日 - 1944年(昭和19年)12月20日
  • 長野英夫 少佐(陸士52期、陸大59期):1945年(昭和20年)4月7日 - 1945年(昭和20年)6月19日戦死

副官部[編集]

  • 高級副官:葛野隆一 中佐(陸士31期:1944年(昭和19年)3月22日 - 1945年(昭和20年)6月23日)
  • 次級副官:坂口勝 大尉(陸士?期:1944年(昭和19年)3月22日 - 1945年(昭和20年)6月23日)

司令部各部[編集]

  • 兵器部長
    • 梅津真 大佐(陸士26期:1944年(昭和19年)7月27日 - 1945年(昭和20年)1月29日)※第13方面軍に転出。
    • 桜井貢 大佐(陸士26期:1945年(昭和20年)1月29日 - 1945年(昭和20年)6月23日)
  • 経理部長:佐藤三代治 主計大佐(1944年(昭和19年)7月27日 - 1945年(昭和20年)6月23日)

※牛島司令官と長勇参謀長の自決直後に拳銃で自決。

  • 法務部長:和田和美 法務少佐(1944年(昭和19年)7月27日 - 1945年(昭和20年)6月23日)
  • 軍医部長:篠田重恵 軍医大佐(1944年(昭和19年)7月27日 - 1945年(昭和20年)6月23日)
  • 獣医部長:佐藤雄寿 獣医大佐(1944年(昭和19年)7月27日 - 1945年(昭和20年)6月13日)

※1945年(昭和20年)6月13日に戦死。死後獣医少将へ進級。

隷下部隊[編集]

関連項目[編集]