第31戦闘攻撃飛行隊 (アメリカ海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第31戦闘攻撃飛行隊
かつて在籍していたVF-31のF-14
かつて在籍していたVF-31のF-14
創設 1935年7月1日
国籍 アメリカ
軍種 海軍
任務 対空・対地攻撃
基地 NASオシアナ
ニックネーム トムキャッターズ
作戦機 F4B (退役済)
F3F (退役済)
F4F(退役済)
F6F (退役済)
F8F (退役済)
F9F(退役済)
F2H(退役済)
F3H(退役済)
F-4(退役済)
F-14(退役済)
F/A-18
主な戦歴 第二次世界大戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争
サザン・ウォッチ作戦
イラク戦争
識別
バッヂ Felix VF-31 logo.svg

第31戦闘攻撃飛行隊(だい31せんとうこうげきひこうたい Strike Fighter Squadron Three One)はアメリカ海軍の戦闘攻撃飛行隊。ニックネームはトムキャッターズ。VFA-31と表記されることが多い。フィリックスのマーキングで知られている。1935年に創設され、4度の隊名変更を経て現在に至る。VFA-14についで2番目に古い飛行隊である。

隊史[編集]

創設~1980年[編集]

第31戦闘攻撃飛行隊(以下VFA-31)は1935年7月1日にVF-1BとしてF4B装備で創設された。その後、1937年に隊名をVF-6に変更、同時に装備機もF3Fに更新している。太平洋戦争開戦時にはF4Fワイルドキャット装備の飛行隊としてエンタープライズ艦上に展開していた。1943年F6Fヘルキャット導入時にVF-3と隊名を交換した。フェリックスのマーキングはこの時に使用され始めた。この際、元VF-3であるVF-6もフェリックスのマーキングを使用したため、1945年10月にVF-6が解隊されるまでどちらの部隊のマーキングか論争が続いた。1946年F8Fベアキャット導入時に隊名をVF-3Aに変更し、1948年8月7日に再度隊名を変更しVF-31となった。朝鮮戦争にはF9Fパンサー装備で参加している。その後、1952年にはF2Hバンシー1957年にはF3Hデーモン1966年にはF-4ファントムと次々に機種変更を行い、ベトナム戦争にも投入されている。また、VF-31は第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争の3つの戦争で敵機撃墜を記録した唯一の海軍部隊である。

1981年~現在[編集]

VF-31は1981年6月4日にF-14トムキャットに機種変更し、同時にTARPSの運用を開始した。1983年ジョン・F・ケネディに搭載されて行った地中海クルーズではレバノン国際連合レバノン暫定駐留軍支援のため、レバノン、シリアのTARPS偵察を何度か行った。この際、シリア軍の対空砲およびSA-7に攻撃を受けたが、どちらも命中せず、F-14は無事に帰還した。これに対する報復としてジョン・F・ケネディおよびインディペンデンスの飛行隊がSAMサイトを攻撃し、A-6イントルーダA-7コルセアII各1機を失っている。1985年4月からは母艦をフォレスタルに変更し、VF-11とコンビを組んでいる。1992年から1997年まで一時的に太平洋艦隊に配属され、カール・ヴィンソンに搭載された。同時にLANTIRNの運用を開始している。その後は大西洋艦隊に戻り、エイブラハム・リンカーンに搭載されてサザン・ウォッチ作戦イラク戦争に従事し、イラク戦争ではVF-213とともに1,163回、計6,876時間にわたって作戦行動を行い、計9,500ポンドの爆弾を投下している。

VF-31は2006年9月23日にF/A-18E/F スーパーホーネットに機種変更し、VFA-31となった。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]