第3海兵歩兵連隊 (フランス軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3海兵歩兵連隊
3e R.I.Ma.png
第3海兵連隊章
創設 1838年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 海兵歩兵
兵種/任務/特性 機械化歩兵
人員 約1,250名
所在地 モルビアン県
ヴァンヌ
標語 Debout les Morts
(死に耐えよ)
上級単位 第9海兵軽機甲旅団
主な戦歴 クリミア戦争
普仏戦争
第一次世界大戦
第二次世界大戦
湾岸戦争
ユーゴスラビア紛争
テンプレートを表示
Insigne des troupes de marine.jpg

第3海兵歩兵連隊(だいさんかいへいほへいれんたい、3e régiment d'infanterie marine:3e RIMa)は、モルビアン県ヴァンヌに駐屯する、第9海兵軽機甲旅団隷下のフランス陸軍海兵隊歩兵連隊である。

兵種は歩兵、伝統的区分は海兵隊である。

フランス海兵隊の第1から第4(第4海兵連隊は1998年に解体された)まである中でも、歴史ある連隊の一つとして知られる。かつては第1海兵砲兵連隊とともに「青師団」(海兵隊師団)を構成したこともあった。

沿革[編集]

連隊は19世紀末期において、中南米やアフリカ、オセアニアそして東南アジアと、フランスの尖兵として縦横無尽に活躍したのである。特に、連隊がその名を轟かしたのは普仏戦争において「青師団」の隷下の元、1870年9月1日Bazeillesベルギー国境にある)の戦いでの活躍がある。

他にも、スーダンルワンダアルバニアにも小規模の部隊を派遣した実績がある。

最新の部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 第1中隊 - VAB
  • 第2中隊 - VAB
  • 第3中隊 - VAB
  • 第4中隊 - VAB
  • 対戦車中隊 - VAB
  • 偵察・支援中隊(1個偵察小隊、1個対戦車小隊、1個重迫撃砲小隊含む)
  • 管理支援中隊(武器・車両・通信の整備など)
  • 教育中隊
  • 予備海兵訓練中隊(URRPの隷下にある)

定員[編集]

  • 連隊の人員構成としては
    • 将校・士官 - 67名
    • 下士官 - 329名
    • 兵卒 - 810名
    • 技官・事務官等の軍属 - 54名

の、合計約1,250名からなる。

主要装備[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]