第25独立空挺旅団 (ウクライナ陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第25独立空挺旅団は、ウクライナ陸軍空挺部隊。前身は、旧ソ連軍の第98親衛空挺師団第217親衛パラシュート降下連隊。名誉称号「ドニプロペトロフシク」を有する。一般部隊よりも練度が高いため、旅団隊員は、しばしば、国連の平和維持作戦に参加している。

歴史[編集]

1993年5月5日、オデッサ州ボルグラード市の第98親衛空挺師団に基づき、ウクライナ軍第1空中機動師団が編成された。この時、同師団の第217親衛パラシュート降下連隊から、第25空挺旅団の編成が始まった。同年6月5日、旅団兵員がウクライナ国民への忠誠を宣誓。同年12月1日、編成完結。

1995年10月から1999年12月まで、旅団隊員は、第240独立特殊大隊の編成下において、旧ユーゴスラビア領土での平和維持作戦に参加。1999年8月から、コソボでの平和維持任務に参加。

2000年6月、旅団隊員8人が米第82空挺師団で訓練を受ける。同年7月、旅団第3大隊が、ロヴネンスク演習場において、米第82空挺師団と共同演習。

2002年5~7月、ドニプロペトロフシク州ノヴォモスコフスキー地区グヴァルジェイスコエに移転。同年7月16日、最高司令官(大統領)から軍旗授与。同年11月8日、第25独立空挺旅団は、第1空中機動師団の編成から外され、第6親衛軍団に配属された。2003年6月から、新組織・定員機構に移行。

2003年から2005年まで、旅団隊員は、イラクでの平和維持任務に参加した。

2014年4月、一連のウクライナ東部における動乱の鎮圧の為にドネツクへ派遣されたが部隊の一部が政権側より離反、ドネツク人民共和国側へと寝返った

歴代旅団長[編集]

職名 就任年 氏名 階級
旅団長 1993年 - 1996年 イワン・アレシチェンコ 大佐
旅団長 1996年 - 1998年 アレクサンドル・ザシチトニコフ 大佐
旅団長 1998年 - 1999年 ユーリー・ガブルス 中佐
旅団長 1999年 - 2001年 アンドレイ・マクシメンコ 大佐
旅団長 2001年 - 2003年 イーゴリ・ルネフ 大佐
旅団長 2003年 - 2004年 イーゴリ・ステリマフ 大佐
旅団長 2004年 - 2006年 ウラジーミル・コリチク 中佐
旅団長 2006年 - オレグ・スヴィスタク 中佐

外部リンク[編集]