第24回インディペンデント・スピリット賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第24回インディペンデント・スピリット賞は、2009年2月21日に発表・授賞式が行われる。

最多候補となったのは、ある黒人男性の自殺によって取り残された人々を描いた『Ballast』、生活のためにカナダからの密入国の手助けをする母親を描いた『フローズン・リバー』、姉の結婚式のために戻ってきた問題児の妹の存在で浮き彫りになる家族の問題を描いた『レイチェルの結婚』。

候補の発表は、2008年12月2日ジェイソン・ベイトマンサンドラ・オーによって行われた。

作品別の候補数と受賞[編集]

候補数 作品名 候補部門(太字は受賞)
6 Ballast 作品賞監督賞主演女優賞助演男優賞第一回脚本賞撮影賞
フローズン・リバー 作品賞監督賞主演女優賞助演男優賞助演女優賞第一回脚本賞
レイチェルの結婚 作品賞監督賞主演女優賞助演女優賞 (2)、第一回脚本賞
4 ミルク 主演男優賞助演男優賞第一回脚本賞撮影賞
3 それでも恋するバルセロナ 主演男優賞助演女優賞脚本賞
扉をたたく人 監督賞主演男優賞助演男優賞
レスラー 作品賞主演男優賞撮影賞
2 チョップショップ クイーンズの少年 監督賞撮影賞
ハート・ロッカー 主演男優賞助演男優賞
Medicine for Melancholy 第一回作品賞撮影賞
Sangre De Mi Sangre 第一回作品賞脚本賞
脳内ニューヨーク 第一回作品賞脚本賞ロバート・アルトマン賞
ウェンディ&ルーシー 作品賞主演女優賞
1

Afterschool、The Betrayal、パリ20区、僕たちのクラス、世界の果ての出会い、ゴモラハンガー、ミッドナイトキスをするまでに、
マン・オン・ワイヤー、The Order of Myths 、Prince of Broadway、美しすぎる母クスクス粒の秘密、The Signal、静かな光
マインド・シューター、Sugar、ハード・クライム、Take Out、Towelhead、Turn the River、Up the Yangtze、The Wackness

候補と受賞の一覧[編集]

作品賞[編集]

賞はプロデューサーへと授与される

第一回作品賞[編集]

賞は監督とプロデューサーに授与される

ジョン・カサヴェテス賞[編集]

賞は脚本家と監督とプロデューサーに授与される

監督賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

脚本賞[編集]

第一回脚本賞[編集]

撮影賞[編集]

ドキュメンタリー賞[編集]

賞は監督に授与される

外国映画賞[編集]

賞は監督に授与される

ロバート・アルトマン賞[編集]

賞は受賞作の監督、キャスティング・ディレクター、そのアンサンブル・キャストへと授与される

特別賞[編集]

  • Piaget Producers Award
    • Heather Rae - フローズン・リバー
    • Jason Orans - Goodbye Solo、Year of the Fish
    • Lars Knudsen、Jay Van Hoy - Treeless Mountain、I'll Come Running
  • Acura Someone to Watch Award
    • リン・シェルトン - My Effortless Brilliance
    • Nina Paley - Sita Sings the Blues
    • バリー・ジェンキンス - Medicine for Melancholy
  • Lacoste Truer Than Fiction Award

外部リンク[編集]