第22軍団 (北軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第22軍団(XXII Corps)
XXIIcorpsbadge.png
第XXII軍団第3師団記章[1]
創設 1863年2月2日 — 1865年6月26日
国籍 アメリカ陸軍
忠誠 北軍
兵科 歩兵および騎兵
彩色 白地に赤(第1師団)
青地に白(第2師団)
白地に青(第3師団)
主な戦歴 東部戦線:
1864年のバレー方面作戦
スティーブンス砦の戦い
指揮
初代軍団長 サミュエル・ハインツェルマン少将
第2代軍団長 クリストファー・オーガー少将
第3代軍団長 ジョン・パーク少将

南北戦争中の北軍第22軍団(XXII Corps)は1862年2月2日にワシントンD.C.地区の駐屯部隊を統合して結成された、ワシントン防衛を主任務とした軍団である[2]。3個歩兵師団と1個騎兵師団(ジャドソン・キルパトリック師団長。ゲティスバーグ方面作戦中に第22軍団を離れてポトマック軍に加わった)で構成されていた。隷下の多くの部隊が、ユリシーズ・グラントオーバーランド方面作戦ではポトマック軍に加わった[2]

歴史[編集]

ワシントン軍管区[編集]

1863年2月2日、ワシントン軍管区(Department of Washington)が設立された。その管轄地域は、東南端がピスカットウェイ・クリーク(Piscataway Creek)、北東はアナポリス・ジャンクション(現在のフォード・ミード([[en:Fort George G. Meade|Fort George G. Meade)付近)、北西はモノカシー川(Monocacy River)、南西はブルラン山地(Bull Run Mountains)であった。管轄区域は戦争期間中に拡大され、周辺のメリーランド州とバージニア州のカウンティも含むこととなった[3]

ワシントン軍管区の軍需品科は北軍最大の軍需品科であった。任務はビルの建設から、要塞の維持、補給、道路建設、武器の試験の他に様々な業務に及んだ[4]。ワシントンはまた、ポトマック軍都ジェームズ軍への物資補給拠点であった。

第22軍団[編集]

軍団は2個ないし6個の師団から構成される組織で、通常は少将が司令官を務める。米国における最初の軍団は1862年7月17日に設立されている。それ以前は、複数の師団からなる組織は「大師団(Grand Division)」や「翼(Wing)」と呼ばれていた。軍団の上部組織としてはがあるが、第22軍団の上部組織としての軍はなかった。

第22軍団の創設は1863年2月2日である。通例通り、軍団長はワシントン軍管区の司令官も兼ねた。軍団の存続中、多くの連隊が主としてポトマック軍に送られ、またそこから戻ってきた。

戦闘[編集]

モスビーの襲撃[編集]

一般にはモスビー・レンジャーまたはモスビー・レイダーとして知られる、ジョン・モスビー大佐が指揮する南軍第43バージニア騎兵大隊(43rd Battalion Virginia Cavalry)は、モスビー連合(Mosby's Confederacy)と呼ばれたバージニア数ロードン・カウンティ(Loudoun County)からフェアファックス・カウンティ(Fairfax County)に懸けた地域に何度も急襲をかけてきた。モスビーの襲撃の多くが、第22軍団が防衛を担当する地域に対して行われ、ウィリアム・ギャンブル(William Gamble (general))准将の騎兵師団[5]や他の22軍団の所属部隊と何度も小競り合いを演じた[6]ジュバル・アーリーバレー方面作戦において、モスビー・レイダーは第2バーモント旅団の旅団長であったエドウィン・ストートン(Edwin H. Stoughton)准将を捕虜にし[7]、シオン山教会で電信線を切断し(Action at Mount Zion Church)、鉄道と補給拠点を何度も襲撃した[8]

スティーブンス砦の戦い[編集]

第22軍団は、1864年のジュバル・アーリーのワシントン襲撃を阻止した、7月11日のスティーブンス砦の戦いにおいて重要な役割を果たした。マーティン・ハーディン(Martin Davis Hardin)の師団は散兵線を敷き、小規模な戦闘を行い、戦死・戦傷73人の損害を出した[2]。翌日、アーリーはホレイショ・ライト少将の第6軍団と名誉准将のウィリアム・エモリー(William H. Emory)の第14軍団のベテラン兵士による防御線を発見したた。小規模な戦闘の後、7月13日にアーリーはバージニアに撤退した。

歴代軍団長[編集]

サミュエル・ハインツェルマン(Samuel P. Heintzelman)少将 1863年2月2日 — 1863年10月13日 [2][9][10]
クリストファー・オーガー(Christopher C. Augur)少将 1863年10月13日 — 1865年6月11日 [2][9][11][12]
ジョン・パーク(John G. Parke)少将 1865年6月7日 — 1865年6月26日 [2][9][13][14]

脚注[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]