第20集団軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第20集団軍第20集团军)とは、中国人民解放軍陸軍の軍級部隊。乙類集団軍。済南軍区に所属する。予備部隊の性格を有する。

歴史[編集]

第20集団軍の前身は、長征後に南方の閩浙地区に残留した紅軍遊撃隊である。晥南事変後、新四軍第1師に改編され、粟裕将軍が師長を務めた。日中戦争中、蘇魯院の敵後方地で活動し、「黄橋決戦」において国民党の進攻を撃退した。

国共内戦中、華東野戦軍第1縦隊に改編され、叶飛の指揮の下、准海、渡江等の主要戦役に参加した。

朝鮮戦争勃発後、第20軍は、第2陣として朝鮮半島に進入した。長津湖戦役中、配下の第58師第172団からは、特級戦闘英雄楊根思が輩出した。

帰国後、第20軍の第60師は、江山島戦闘に参加した。その後、南京軍区に配属され、杭州に駐屯した。文化大革命中、第20軍は地方の派閥闘争に巻き込まれ、杭州、金華等の地区が武装闘争の被害を受けた。1975年、鄧小平は、地方の軋轢を解き、軍民間の緊張を緩和するために、第20軍と済南軍区の第1軍の配置換えを行った。しかしながら、第20軍の将兵はこれを好まず、家族を任地に帯同させていなかった者は、休暇制度実施時にそのまま帰郷してしまった。これ以後、第20軍の武威は振るわなくなった。

1980年代の軍縮中に乙類軍集団とされた。

編制[編集]

軍部(司令部)は、河南省開封に位置する。

  • 第58機械化歩兵旅団(河南省許昌長葛)
  • 第60自動車化歩兵旅団(河南省信陽)
  • 装甲旅団(河南省南陽独山)もと第54軍装甲旅団
  • 高射砲旅団(河南省商丘)もと第59師団
  • 第2砲兵旅団(河南省確山)
  • 通信連隊(河南省開封)
  • 工兵連隊(河南省信陽市平橋区)
  • 第91舟橋連隊(洛陽孟津白合)
  • 司衛訓大隊(河南省商丘)
  • 教導大隊(河南省許昌長葛)

歴代軍長[編集]

第20集団軍軍長
職名 氏名 階級 在任期間 出身校 前職
軍長 梁光烈 1985年 - 1990年 信陽歩兵学校 第20集団軍副軍長
軍長 張仕波 少将
第20集団軍政治委員
職名 氏名 階級 在任期間 出身校 前職
政治委員 高建国 少将